• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「えっ、若手の話が分からないのは私のせいなの?」

ロジカルに話せれば「エレベータートーク」もこなせます!

  • 野村 絵理奈

バックナンバー

2011年12月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 欧米人の話し方が「論理的=ロジカル」なのに対し、日本人の話し方は「分かりにくい」といわれます。

 断っておきますが、それは日本人が劣っているからではありません。単に、それぞれの文化の違いによるもの。もっと言えば、コミュニケーションの取り方に違いがあるのです。

 日本は世界一の<ハイコンテクスト文化>であるのに対し、欧米は<ローコンテクスト文化>だといわれています。

 「コンテクスト」とはコミュニケーションを取り合う同士が持っている基盤、例えば言語、風習、知識、体験、価値観などのこと。いわば、《以心伝心度》のようなものです。国民同士がこのコンテクストをいかに多く共有できているか? それがコミュニケーションの違いとして表れてくるのです。

日本人は《世界一》ロジカルじゃない?!

 人種も言語も同じ、教育も一定レベルの水準を保っている日本人同士は「日本語を話し、読み書きや計算ができる」ことを大前提としてコミュニケーションを取り、ビジネスもその上に成り立っています。

 《あうんの呼吸》が通用しない、ローコンテクスト文化の国では、どのようにコミュニケーションを取っているのでしょうか?

 簡単です。自分の意見を『分かりやすく、印象深く』伝えるだけなのです。すなわち、ロジカルに伝えること。残念ながら、《あうんの呼吸》という高度なコミュニケーション手段を使う日本人は、ロジカルであるという観点から見ると、ローコンテクスト文化の欧米より劣っているのです。

コメント6件コメント/レビュー

以心伝心は「世間」の圧力として機能します。論理的でないぼんやりした共通感覚に絡め取られると独立した身動きができなくなる。既に、以心伝心的な共通感覚は失われているのにそれを期待してあてにして生きるから、裏切られたときに大きなストレスを感じて、攻撃的になる、いじめになる、時に犯罪に走る。もはや、日本人同士でも理解できない人の存在=他者の存在を認めて、一から丁寧に説明する、論理的に理解する、してもらうことを心がけないと、コミュニケーションはできない。(2011/12/23)

「必ず部下がついてくる「話し方」革命」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

以心伝心は「世間」の圧力として機能します。論理的でないぼんやりした共通感覚に絡め取られると独立した身動きができなくなる。既に、以心伝心的な共通感覚は失われているのにそれを期待してあてにして生きるから、裏切られたときに大きなストレスを感じて、攻撃的になる、いじめになる、時に犯罪に走る。もはや、日本人同士でも理解できない人の存在=他者の存在を認めて、一から丁寧に説明する、論理的に理解する、してもらうことを心がけないと、コミュニケーションはできない。(2011/12/23)

コンテクスト(Context)も大事でしょうが、同じようにプロトコル(Protocol)も大事ですよ。若い人ほど、”マイ・プロトコル”のようなものでコミュニケーションしてるようにも思います。プロトコルというと、インターネットのTCP/IPのような通信規約的なものを思うかもしれません。でも、一歩街に出ると、ニンテンドーDSやPSPなど、街中での”すれちがい通信”のように、同じ趣味思考、楽しみの共有、仲間意識という彼ら独特のプロトコルでのコミュニケーションも存在しています。また、長年連れ添った夫婦が、お互い街中ではぐれたとしても、ある場所に行くと夫婦がまるで示し合わせたかのように会うことができることがあります。こういうのも長年連れ添ったからこそ生まれたプロトコルでしょう。極論すると、優れたコミュニケーションには、こういったプロトコルが介在し、言葉などいらなくなる世界があるのでしょう。プロトコルが違えば、上司が部下に何を言っても馬耳東風でしょうし、エレベータートークのような技法のみにフォーカスしたプレゼン術など無意味なことです。(2011/12/22)

一般的に日本企業では、ロジカルに話すと周囲から感情的な反発を受ける場合の方が多いです。この連載は「外資系に転職する場合」「欧米系外国人と仕事をする場合」という前提条件を付けたほうが良いです。(2011/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長