• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

産業カウンセラーって、何してる人?

源流は米国、国内は団体発足から既に50年超

  • 太田由紀子

  • 日本産業カウンセラー協会

バックナンバー

2012年1月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまで4回にわたり、カウンセリングの事例を紹介してきた。それではいったい「産業カウンセラー」とはどんな職業だろうと疑問に思われている方も多いだろう。

 そこで今回は、産業カウンセラーと、日本のカウンセリングの歴史について説明しよう。

発足は1960年、社団法人化は1970年

 産業カウンセラーとは「仕事をしている人にカウンセリングする人」…。もちろん、それでも正解だ。ただし、対象となる人は、勤労者自身だけではなく、その家族も対象となる。また経営者や、職業を探している人も対象となる。

 まずは、私が所属している社団法人である日本産業カウンセラー協会の概略から紹介しよう。

 厚生労働省職業能力開発局所管の公益法人である。

 企業、行政、団体などでメンタルヘルスを推進し、キャリア・カウンセリングや人間関係開発などについての研修、講演や、カウンセリングを通じて働く人の支援を行っている。そのために産業カウンセリングの普及や、働く人を支援する産業カウンセラーの養成、認定試験なども手がける。

 発足は1960年で、1970年に社団法人化した。全国に13カ所の支部と県事務所(24府県)があり、2万5000人を超える会員がいる(2011年11月現在)。

米国における「3大源流」

 では、協会のルーツや歴史をひも解く前に、日本の産業カウンセリングの源となった、米国の産業カウンセリングの流れ「3大源流」をたどってみよう。

 1900年代初め、米国では急速な工業化が進み、職を求めて都市に集まった若者たちが、工業労働者となった。若者たちは適性や興味を何ら考慮されることなく仕事を与えられ、その結果、すぐに退職する者や孤独や生活苦から悪事に走る者が出てきた。この若者たちを救おうと起こった社会運動が、「職業指導運動」と呼ぶ第1の源流である。

 運動家の1人、パーソンズ(Parsons.F.)がボストンの市民厚生館で開始した職業カウンセリングが、海外の産業カウンセリングのルーツである。パーソンズの「丸い釘は丸い穴に」のスローガンにより、適材適所の考え方が米国をはじめヨーロッパ各国に影響を与え、現在のキャリア・カウンセリングの始まりとなった。

 第2の源流となるのが「教育測定運動」である。1914年、ソーンダイク(Thorndike.E.L.)が発表したスローガン「すべての存在するものは量的に存在する。量的に存在するものはこれを測定できる」の説により、個人の能力や適性を客観的に測定する必要性の観点から、心理診断の技術が発展した。

 その後、フランスでビネー(Binet.A.)が開発した知能検査を、1916年、ターマン(Thrman.L.M.)が改訂した。これが後に「知能指数(IQ)」の概念となる。

日本ではNTTが先駆け

 第3の源流となるのが「精神衛生運動」である。運動家のビアーズ(Beers.C.W.)はエール大学在学中に、兄を脳腫瘍で亡くしたことで精神に異常をきたし(うつや妄想が出現し)入院となった。入院した精神病院で受けた暴行、脅迫、監禁など、罪人のような扱いを受ける経験をした。退院後ビネーは、精神病院や精神疾患者への対応の在り方を考える協会を有権者や心理学者、医療関係者らと設立した。初期は患者の現状調査や待遇の改善に取り組み、次第に予防、健康の保持、向上を目指した精神医学、カウンセリングと統合しつつ、現在のメンタルヘルスへの流れを作った。

 この3つの源流を背景に、米国では1920年代から、工場や百貨店など、いろいろな職場で調査や実験が行われ、産業カウンセリングは発展してきた。

 さて、次は日本に目を向けてみよう。

コメント0

「メンタルリスク最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長