• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

机上で「常識」は超えられない

(第2回)自分なりの「アイデアの探し場所」や「試作の方法」を見つけよう

  • 三谷 宏治

バックナンバー

2012年1月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このコラムでは、女性読者を対象に、センス(才能)ではなくスキル(技)としての発想力を高めるための方法を解説しています。技は繰り返し練習してこそ身につくもの。なので、まずは前回の復習から始めましょう。

 前回まず紹介したのは、女性が新商品・事業開発に大きな貢献を期待されていることとその理由でした。ひと言で言えばそれは「女性が消費の大半を握る中で、高いユーザー理解力が高い開発力につながるはず」という考えによるものでした。

 しかしそこには大きな落とし穴があります。市場や顧客をよく知っている者はそれゆえに、既存の「常識」に捉われやすいのです。それでは、常識的な(つまらない)商品・事業しか生まれません。

 「常識」には3つの側面があります。「誰」「価値」「コスト」です。「誰」にどんな「価値」を届けるのか、それをどれだけの「コスト」で実現するのか。画期的な新商品・事業は、このどれか(もしくはすべて)の常識を打ち破ったものなのです。

ブレーンストーミングやKJ法の問題点

 ビジネス現場での発想法で、よく使われるのはブレーンストーミングやKJ法です。ブレーンストーミングでは、他人の意見を批判せず、どんどん面白いものを取り入れていって、発想の翼を拡げていきます。そこから出たアイデアを、うまくグルーピングして練り上げていくのが故 川喜田二郎博士によるKJ法です。

 2つともよく使われますが、よく失敗します。しょせん、机上では大して面白いものを思いつかないからです。そして、折角の尖ったアイデアも、グルーピングするとつまらなくなってしまうからです。

 価値ある発想は、単に机上での「発散と収束」では生まれません。必要なのは、手足を動かしてのアイデア「発見」、思い切っての「選択」、なぜを繰り返す「探究」、そこからの「組み合わせ」なのです。

 でも、常識が「発見」を、恐怖が「選択」を、満足が「探究」を阻害します。これは男女を問いませんが、多くの女性が持つ思慮深さやコミュニケーション力が、ときにマイナスに働いたりもします。

座って悩んでいても常識は破れない

 私は講演や研修でよく、簡単な「なぞなぞ」を出します。例えばこんなもの。「AとB、どちらの横棒が長いでしょうか?」というものです。

コメント2

「女性力を活かしきる「反常識」の発想術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長