• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どれだけ絞り込めるかで「常識突破」が決まる

(第3回)決めることは捨てること。「重要思考」で決めて伝えよう

  • 三谷 宏治

バックナンバー

2012年1月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「常識」を超えた発想を生み出すために、このコラムではこれまで

・「常識」の3つの側面(誰・価値・コスト)とその打破例
・常識打破のための行動法(探す・試作する)とその実例

を紹介してきました。

 特に前回は、

・発想とは、手足を動かしてのアイデア「発見」、思い切っての「選択」、なぜを繰り返す「探究」、そこからの「組み合わせ」
・常識が「発見」を恐怖が「選択」を満足が「探究」を阻害する

 と述べました。多くの女性が持つ思慮深さやコミュニケーション力が、ときにマイナスに働く、とも。

 最終回では、「選択」を取り上げます。いくら多くのアイデアを作っても、それをぐっと絞り込んで深掘りしていかないと、良い商品や事業にはなりません。でも多くの会社が失敗します。

 良い商品・事業を新たに創り上げていくためには、驚くほど多くの資源や時間を必要とすることを、分かっていないのかもしれません。

スティーブ・ジョブズから学べる唯一のこと

 米アップルの前CEO(最高経営責任者)だったスティーブ・ジョブズを真似ることは、ほとんどのヒトに不可能です。あれだけ独創的で、独裁的で、成功と失敗を繰り返した人物はいないでしょう。彼のことを「とてもアメリカ人的」と思うかもしれませんが、人口3億人のアメリカにだって、彼は1人しかいなかったのです。

 でも、ジョブズの成功で真似られることが1つあるとすれば、それは「絞り込み」です。

 アップルを一企業として見た時、製品戦略上の最大の特長は、製品ラインおよびバラエティーの極端な「少なさ」なのです。iPodにはカラーやタイプにおいて多少のバラエティーがありますが、iPhoneやiPadだとタイプは一種で「黒白」と「記憶容量」のバラエティー(16GB、32GB、64GBとか)があるだけ。製品ラインナップ(ブランド)も、メーンはたった6種類 。年間1000億ドル(約8兆円)を売ろうかという会社にしては極端に少ない数です。

 ジョブズは言いました。「どれだけ良いアイデア(good ideas)を殺せるか(kill)が勝負だ」と。

 画期的な商品やサービスを開発・導入するには、非常に大きな労力と資金、そして経営者(ジョブズ自身)の時間・関心を必要とします。でも「good idea」案件のすべてにそれらを投ずることはできません。もしすれば、きっと全部失敗するのでしょう。

 だから彼は、極端に絞り込んだのです。製品ライン、タイプ、バラエティーをも。

グッチの再生も、極端な絞り込みから

 グッチも、同じです。創業一族間の泥沼の争いとコピー商品との戦いに敗れ、1991年に赤字に転落。93年には給与の遅配にまで至り、倒産さえ噂されました。

 創業一族が去った後のグッチを救い、再生させたのがCEOとなった弁護士のドメニコ・ド・ソーレ(Domenico De Sole)と、若きデザイナーのトム・フォード(Tom Ford)、それに小売り界から引き抜かれたカリスマ、ドーン・メロ(Dawn Mello)でした。

コメント4

「女性力を活かしきる「反常識」の発想術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員