• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「アメリカには負け組がいない?」

反格差運動を伝える英語表現

  • 土方 奈美

バックナンバー

2012年2月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米タイム誌が選んだ2011年の“Person of the Year”は“The Protester(抗議する人)”だった。中東の「アラブの春」や、ギリシャやスペインなどでの民衆デモに触発され、米国では昨秋以降“Occupy”運動が広がっている。今回はこの「Occupy Wall Street」運動、日本では反格差運動と伝えられる動きに関連する表現に注目したい。

 そもそもoccupyにはどのような意味があるのだろう。“Occupy Wall Street”が一般的に「ウォール街を占拠せよ」と訳されているとおり、基本的にはある場所を占拠する、ふさぐという意味だ。ただ、筆者が在籍するモントレー国際大学院(MIIS)の英語ネイティブの学生に聞いたところ、「物理的に場所をふさぐだけでなく、take control(支配権を握る)という意味もある」と解説してくれた。

 つまり“Occupy Wall Street”は、単に大勢の抗議者でウォール街を埋め尽くそうと言っているのではなく、カネの力で米国の政治を思うままに動かすウォール街を、自分たち民衆の支配下に置こうという訴えでもあるのだ。

 Occupy運動は、日本のメディアでは「格差抗議デモ」と表記されることが多い。実際、二ューヨーク・タイムズなど米主要紙の記事では「格差」を意味するinequality/ gap/ disparityといった表現をよく目にする。では、この3つの言葉には、どのような違いがあるのだろうか。

「数値」の差か「認識」の差か

 MIISの学生数人に議論してもらったところ「gapというと数値で測れるような物理的な差があると言っている印象。一方のinequalityは平等ではないという『認識』を示している印象」という声が挙がった。gapは「格差がある」という事実を淡々と指摘する言葉であるのに対し、inequalityは格差があり、それが不公平だという価値判断を含んでいるというわけだ。

コメント5件コメント/レビュー

なるほど、日本の『勝ち組』『負け組』という表現は、昔ながらの『持てる者』『持たざる者』を言い換えただけなのですね。確かに「勝ち組」は本当は既得権益にしがみついてるだけなのに、あたかも自分の努力の成果のように偽装・隠ぺいする表現ですね。(2012/02/01)

「ニュースで読みとく英語のツボ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なるほど、日本の『勝ち組』『負け組』という表現は、昔ながらの『持てる者』『持たざる者』を言い換えただけなのですね。確かに「勝ち組」は本当は既得権益にしがみついてるだけなのに、あたかも自分の努力の成果のように偽装・隠ぺいする表現ですね。(2012/02/01)

拝読しました。言葉にはバックグラウンドがあり、それを支えている価値観が必ず存在します。勝ち組や負け組の定義が画一化、標準化することで日本の多様性が社会の概念から消えることを危惧しています。勝ち組と発言する時、持つものと持たざるものは事実であり勝者と敗者はただの解釈に過ぎない、という純然たる区別がないことは明らかです。この解釈の狭量さが幸せそのものをゆがめることに、気づけるといいですね。(2012/02/01)

"Loser"(負け組)とは、アメリカ人にとっては「人生をあきらめたクズ」という最悪の罵倒になりますので、滅多な事では使わないでください。 それこそ、ギブアップしそうな相手に「あきらめて負け組になるのか」とハッパをかける以外の用途で使った場合、ぶん殴られますよ。(2012/02/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長