• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「公平感」という使いやすい正義

オバマ演説にみる米国人のfairnessとは?

  • 土方 奈美

バックナンバー

2012年2月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2012年1月24日、オバマ米大統領は議会で国の現状や主要な政策課題を訴える、一般教書演説 (State of the Union address, SOTU)をした。

 オバマ大統領は歴代大統領の中でも有数のスピーチの名手として知られる。筆者が通うモントレー国際大学院(MIIS)で、長年スピーチを指導するマイケル・ジェイコブズ教授は「ナンバーワンはクリントン元大統領、オバマ大統領は僅差の2位」と評していた。内容はもちろん、話し方がうまく、聴き手に訴える力が抜群だという。

 そのオバマ大統領による、秋の大統領選を控えた1期目最後のSOTUとなれば、一見の価値はありそうだ。映像やトランスクリプトはホワイトハウスのウェブサイトで見ることができる。

“fair”にこだわった今年のオバマ大統領

 演説を聞いてまず気がつくのは、“fair” (公平・公正)という言葉の登場回数の多さである。まだ超党派路線を追求していた昨年のSOTUでは、1度も使っていなかったが、今回は7回も登場しており、間違いなくキーワードと言える。MIISのある同級生は“It’s a word that clicks on Americans”と語った。「“fair”は米国人なら何か気になる言葉だ」と言うのだ。

 米国の子供は“It’s not fair!”という言葉を日常的によく使う。筆者の子供たちが米国の小学校に通い始めて最初に覚えた表現の1つもこれだった。MIISで一緒に英日・日英翻訳を学ぶアーロンに訳してもらったところ、日本語では「ひどいよ!」に近いという。通常は、親など身近な大人に対して言う言葉で、すねた感じがするらしい。

 何人かの英語ネイティブスピーカーに“It’s not fair.”を別の言葉で表現してもらったところ、“It’s not just.”という答えが多かった。また“I deserve more.”と言い換えた人もいた。「“It’s not fair”という表現には『私はもっとましな扱いを受けられるはずだ』という権利意識(entitlement)が感じられる。いかにもアメリカ的で、私は好きじゃないけれど」とも言っていたが…。

コメント3

「ニュースで読みとく英語のツボ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長