• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金正日は「不思議の国の悪い魔女」

米国メディアの伝えた“独裁者”の死

  • 土方 奈美

バックナンバー

2012年2月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年12月19日、北朝鮮の金正日総書記が死去したというニュースが世界を駆け巡った。米国のメディアはその死をどのように伝えたのだろうか。

 19日にウォール・ストリート・ジャーナル電子版に載った記事“Pyongyang's Uncertainty Hangs Over Region”の書き出しは、なかなかパンチがきいていた。“Ding-dong, the Dear Leader is dead”.(鐘を鳴らせ、親愛なる指導者は死んだ。)というものだ。

オズの魔法使いのパロディで報じたWSJ

 筆者が在籍するモントレー国際大学院(MIIS)の米国人学生に見せたところ、ほぼ100%が「ああ、『オズの魔法使い』ね」と反応した。このフレーズは米国で根強い人気を誇る映画『オズの魔法使い』に出てくる“Ding-dong, the Witch is dead!”(鐘を鳴らせ、悪い魔女は死んだ!)のパロディなのだ。「北朝鮮はオズの国のような不思議の国で、金正日はそこを牛耳る悪い魔女というイメージを伝えている」とある同級生は解説してくれた。

 12月20日付のニューヨーク・タイムズ紙は早速、金正日氏の評伝を載せたが、そのタイトルはこうだ。
“Kim Jong-il, Dictator Who Turned North Korea Into a Nuclear State, Dies”
(北朝鮮を核保有国に変えた独裁者、金正日が死去)

 最高指導者でも総書記でもなく、「独裁者」と言い切っている。dictator と似た表現としてtyrant, autocratがあるが、ニュアンスの違いはあるのだろうか。MIISの学生たちに聞いたところ、最も語感がきついのはtyrant 最もマイルドなのがautocratで 、dictatorはその中間というのが一致した見方だった。

 MIIS卒業生で日英翻訳家として活躍するロンは「金正日の場合、どれを使っても違和感はない」と前置きしたうえで、「dictator とautocratは1人の人間に権力が集中しているという事実を、tyrantはその人物の残酷さや非道ぶりを強調する言葉」と説明した。誰かをtyrantと言った場合、「その人物は許されざる一線を越えた」という語り手の価値判断を示しているというのだ。

コメント0

「ニュースで読みとく英語のツボ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長