• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホイットニー・ヒューストンの哀れな最期

「国家の宝」が「恥さらし」と言われるまで

  • 土方 奈美

バックナンバー

2012年3月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月11日、米国の人気歌手、ホイットニー・ヒューストンが48歳で急逝し、米国のメディアはこの話題で持ちきりになった。

 ABCニュースに登場したあるコメンテーターは彼女の死を“sad demise”と表現した。筆者が在籍するモントレー国際大学院で通訳・翻訳を専攻する英語ネイティブの学生や教員に確認したところ、demiseは「死」を表現する言葉としては、deathよりは硬く、passing away よりは柔らかい印象だという。“sad demise”を日本語にするなら、「非業の死」「哀れな最期」などがしっくりきそうだ。

 また、deathやpassing awayが死亡という事実のみを表すのに対し、demiseは破滅・崩壊していくプロセスを指すこともある。ホイットニーのdemiseと言った場合、それは死亡した事実だけではなく、drug abuse(薬物乱用)やdomestic abuse(家庭内暴力)によって名声を失っていった過去十数年の状況も指している、というのが確認したネイティブの一致した見方だった。メディアでは“substance abuse”という表現も使われていた。訳すとこれも「薬物中毒」になるが、“drug abuse”より範囲が広く、いわゆる薬物に加えてアルコールも含まれる。

健全そのものの「国家の宝」だったホイットニー

 メジャーデビューした1985年から90年代前半にかけてのホイットニーは、“national treasure”(国家の宝)といわれた伸びやかな歌声に加えて、清純派のイメージが売りだった。ロサンゼルス・タイムズは2月12日の死亡記事で“wholesome”という言葉を使っている。MIISの同級生、スティーブンは「wholesomeというと、母親がエプロンをしていて、子供の髪型は7:3に整えられ、毎晩6時に帰宅する父親を待って家族全員で食卓を囲み、日曜日には教会に行くような1960年代の家庭のイメージ」と語った。要は「健全そのもの」ということだ。

 だが92年に歌手ボビー・ブラウンと結婚すると、ホイットニーの運命は暗転する。2002年、ABCの人気司会者ダイアン・ソーヤーとのインタビューで、彼女の不道徳なイメージは決定的になってしまった。cocaine(コカイン), pills(合法・非合法のピル), marijuana(マリファナ)の使用を暗に認めたうえで、廉価版のコカインcrackについてこう語ったのだ。

 “Crack is cheap. I make too much money to ever smoke crack. Let’s get that straight. Okay? We don’t do crack. We don’t do that. Crack is wack.”(クラックなんて安物よ。私は稼ぎが良すぎるからクラックなんかやらない。それだけははっきりさせておくわ。いい? 私たちはクラックはやらない。絶対にね。クラックなんか最低。)

 「コカインは金持ちでお洒落な人がやるもの、クラックはホームレスがやる格好悪いもの」とMIISで日英翻訳を教えるターニャ・パウンド准教授は説明する。ホイットニーはクラックの使用を強く否定することで「自分はそこまで堕ちていない」と言いたかったのだろうが、逆効果だったようで、“crack is wack”は彼女の名(迷)言としてすっかり有名になってしまった。

コメント6

「ニュースで読みとく英語のツボ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)