• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第6回 普段の仕事で、英語をちょっと混ぜてみよう

楽天的な気持ちで、Let’s speak a new language called ‘English∞Japanese’!

2012年6月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近私は、講演などで聴衆がほとんど全員日本人であるにもかかわらず、いきなり英語を混ぜて使い始めた。途中まで普通に日本語で話していって、急に、Now ladies and gentlemen, let me speak English just to keep you awakeと英語に切り替える。

 あるいは冒頭からいきなり、Hi Everyone, how are you? Thank you very much for attending XX. Today I want to talk about global YYY…と言って様子を見る。ランチ直後の講演でうたたねする人がちらほら見える時などに、よく使う手だ。それも効かずに首の動きが怪しくなった人を見つけるとその人に向かって、Do you have any comment ?と話しかける。

 すると、聴衆はみなその人を見る。緊張感が高まり、眠気は飛ぶ。いずれも別に講演の依頼者から頼まれたからではない。自分も最初からそうしようと思ってやっているわけでもない。では、どうしてこんな不細工なことをするようになったのか? 2つきっかけがあった。

英語を混ぜるようになった2つのきっかけ

 1つは、しばらく前に外国人の知人から、あることについて「それ変じゃない」と言われたことだ。そのあることとは、私が、講演などで、グローバル人材・組織についてほぼ日本人のみを相手に日本語で話していることだ。

 彼女は私の講演にたまたま出ていて、終わった後、スマイルを浮かべながら思わず素直な感想を述べたようだ。私はそう言われた瞬間、「確かに奇妙だ」と認めざるを得なかった、「しょうがないじゃない」という気持ちを抱きつつも。

 もう1つのきっかけは、しばらく前に聞いたある情報だ。それは、楽天が、コミュニケーション面で内外の差をなくすために、日本の社内で日本人同士でも、会議の場などでなるべく英語を使うようにしているという話だ。

 その話を聞いた時は、不自然だなと受け止めていた。しかし、外国人の知人の指摘に照らすと、そんなに不自然でもなく思えてきた。そして、外国人の知人のコメントと楽天の話が、その後の自分の妙な行為の伏線になった。

コメント2件コメント/レビュー

良い大人を前提にしているので基本的に問題ないと思いますが、似たような取り組みを家庭教育でやろうとするとバイリンガルでなくセミリンガルになり、よろしくないという話がある、という説明があってもいいのではないでしょうか。(2012/06/19)

「グローバル時代を生き抜くための術を伝授する」のバックナンバー

一覧

「第6回 普段の仕事で、英語をちょっと混ぜてみよう」の著者

キャメル山本

キャメル山本(きゃめる・やまもと)

デロイト ディレクター

外交官を経て、経営コンサルタントとして組織・人材のグローバル化を支援。BBT大学でリーダーシップを講義。2013年からグローバル人材育成の為のプログラムを開発・提供。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

良い大人を前提にしているので基本的に問題ないと思いますが、似たような取り組みを家庭教育でやろうとするとバイリンガルでなくセミリンガルになり、よろしくないという話がある、という説明があってもいいのではないでしょうか。(2012/06/19)

『普段の仕事で、英語をちょっと混ぜてみよう』というタイトルなので野球の長嶋元監督みたいな英単語混じりの日本語かと思って読んでみたら、いきなり聴衆が全員日本人の集まりで英語の『一言』を話した例を出されてびっくりした。私は外資系企業に長年勤めたので、聴衆に外国人が参加する会議は電話会議も含めて多く経験している。100人に1人でも外人がいれば、何んの抵抗も無く英語での会話が出来るのですが、全員日本人だと結構やり難い。私が課長だった時に部下の一人を係長にしたかった。係長になるにはTOEICで社内規定以上の点数を取らないといけないので、英語を勉強する様に勧めたが、中々上達しない。時間ばかりが過ぎてしまうので、課内会議の前半を英語でやる事にした。『英会話も仕事の内』という事で始めたのだが、最初は何となく恥ずかしい感じがした。2、3回やって慣れたと記憶しているが、この記事の様に不特定多数の日本人だけの集まりで英会話を交えての演説は大した物だ。 多くの日本人が外国語に対してこの様な気さくさで接する事ができれば、所謂『日本のグローバル化』もスムーズに運ぶ事だろうと思う。事、外国語会話に関しては『恥ずかしがる』は進歩の大きな阻害要因であり、気にせずにどんどん使う事が上達の秘訣だろう。会話だけではスペルは覚えられないので、筆記も必要だが、昔の教育の様に筆記中心では単語を幾ら多く知っていても話せないのでは何の為の外国語習得か、と言う事になってしまう。気障ったらしい感じもしますが、上手下手に関わり無く、何の抵抗も無く外国語(基本は英語でしょう)を交えて話す人が増えると、近未来も少しは期待出来そうだ。(2012/06/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長