• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本人による“米国人拉致”問題の行方

条約の批准だけで問題が解決するのか?

  • 土方 奈美

バックナンバー

2012年6月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 “Abduct”という動詞をご存じだろうか。北朝鮮による日本人拉致問題について報じるとき、英語メディアが使う言葉である。Oxford English Dictionary の定義には“To take (a person) away by force or deception, or without the consent of his or her legal guardian; to kidnap”(誰かを無理やりもしくは騙して、または法的保護者の合意なしに連れ去る。誘拐する)とある。

 ただ、日本絡みでこの単語がよく使われるケースがもう1つある。国際結婚が破綻した夫婦間で、一方の親が子供を母国に連れ帰るトラブルだ。具体的には、米国人など外国人と離婚した日本人女性が、相手の合意なしに子供を連れて日本に帰国してしまうケースが多い。

 この問題が特に注目されるきっかけになったのは、2009年9月にテネシー州の男性が来日し、元妻と一緒に日本で暮らしていた子供を強引に米国に連れ帰ろうとして、福岡県警に未成年者略取容疑で逮捕された事件だ。米国のCBSニュースのレポーターは事件発生直後、“Mr. X’s ex-wife Y abducted their children this summer and took them to Japan”(X氏の元妻であるYは今年の夏、夫妻の子供たちを拉致し、日本に連れ帰った。報道時はX,Yともに実名)と報じていた。テネシー州の裁判所による決定を無視し、子供たちを日本に連れ帰った妻の行動こそ“拉致”と表現したのだ。

「親による拉致は、国際社会では犯罪」

 米議会下院は2010年9月に、この問題を巡る日本の対応を非難する決議を採択した。そのとき演説したバージニア州選出のジェームズ・モーラン議員は“They (Japanese officials) are directly complicit in these abductions.(日本の当局者はこれらの拉致事件に直接加担している)”と訴えた。英語ネイティブに聞くと、非常に強い批判の表現のようだ。「こうした行為を誘拐とみなす米国をはじめ、国際的には犯罪とされる親による拉致を、日本は犯罪と認識していない」とも語った。

 批判の裏には、主要先進国で「ハーグ条約」を批准していないのは日本だけ、という事情がある。ハーグ条約は1980年につくられた国際条約で、正式名称は“Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction(国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約)”。ここではabductionの訳語に「奪取」があてられているが、奪取は「敵塁を奪取」などスポーツでも使われることもあり、訳語は比較的穏当な印象を受ける。「拉致」「誘拐」「略取」などでは語感がきつすぎるという判断があったのだろうか。

コメント9件コメント/レビュー

この問題では常に「逃げ帰ってきた日本人=DV被害者」と言う図式の刷り込みが目立つ。現実にはDVが確認された事態は、殆ど存在せず現地政府の公式見解にもそれは反映されている。また現在日本に於いては、本来のDVの定義から外れた拡大解釈が用いられている一方で、本来の定義に含まれる経済的DVは意図的に無視されている。この概念からいけば、日本人男性の多くは妻からのDV被害者であるにも関わらずだ。日本の家裁でよく用いられる「継続性」を重視するならば、本来慣れ親しんだ環境を破壊した母親こそが責めを負うべきでは無いのか?(2012/06/27)

「ニュースで読みとく英語のツボ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この問題では常に「逃げ帰ってきた日本人=DV被害者」と言う図式の刷り込みが目立つ。現実にはDVが確認された事態は、殆ど存在せず現地政府の公式見解にもそれは反映されている。また現在日本に於いては、本来のDVの定義から外れた拡大解釈が用いられている一方で、本来の定義に含まれる経済的DVは意図的に無視されている。この概念からいけば、日本人男性の多くは妻からのDV被害者であるにも関わらずだ。日本の家裁でよく用いられる「継続性」を重視するならば、本来慣れ親しんだ環境を破壊した母親こそが責めを負うべきでは無いのか?(2012/06/27)

相手国で結婚をして登録することを先ず了承したのであれば、その後で家庭内の事情が変化したとしても、相手国の法律を順守するのが当然。そうでなければ最初から結婚をしなければ良いだけの話。権利は最初に義務を負ってから発生するものであって、その国の法律義務を無視することは甘えに過ぎない。事情が変わったからと言って法律違反を犯すことに正当性があろう筈もない。第一、日本で同様のことが反対に起きた時にはどのように対処するのだろうか。国際的な問題なのであるから国際条約を締結することが先決で、その上で個別的な事情を話し合えば良い。(2012/06/27)

この問題の根本には、欧米人男性のDV癖があります。これを指摘しないことには始まりません。ハーグ条約は欧米DV男に肩入れして日本女性の人権を侵害する不平等条約です。ハーグ条約を受け入れるなら、欧米男性に対してDVをしないことを徹底的に教育しなければなりません。欧米男性にDV癖があることは夙に新渡戸稲造『武士道』にも指摘されていることです。それを知らずに欧米DV男と結婚する日本女性にも問題がある。(2012/06/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員