• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「資産逃避」で香港に口座開設し、400万円騙された!

  • 羽生 祥子

バックナンバー

2012年7月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

マネ美先生のクイズ編【資産逃避】はこちら

 ビジネスリーダーに向けたお金塾。第4回目の今日は、話題の「資産逃避」にまつわる裏と表をたっぷりご紹介します。“日本円だけを持っていてはアブない”という恐怖をあおり、虎の子の貯金を違法業者に預けて失敗する例は後を絶たない。どの点に注意すればいいか? 「課長の今日の腕試し」、マネ美先生クイズとテキスト『課長のためのお金塾』と合わせて、しっかりお勉強しましょう。

噂のオフショアファンド、本当に大丈夫…?

「過去22%上昇し続けたあの優秀オフショアファンドに投資して、1億円を手に入れませんか?」

 このような派手な宣伝文句が書かれているオフショアファンド。本当に22%もの高リターンを出し続ける「魔法の投資術」があるのか?

 そもそもオフショアファンドとは、タックスヘイヴンと呼ばれる税制が優遇された地域に籍を置く金融機関や金融商品のことだ。日本の投資家でも、投資助言登録をしたIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)を通じて買える。しかし注意が必要だ。助言登録をせず、商品購入の勧誘・販売をする違法な紹介業者が少なくないからだ(黒板参照)。

 読者のYさんは日本でも有名なオフショアファンド、「フレンズプロビデント」と「ハンサード」の金融商品を2年前に購入。知人の紹介で香港のIFAで購入手続きをし、変額年金保険に似た金融商品を毎月10万円で25年間積み立てる契約を結んだ。

 「初めの2年間は積立額の60%のボーナスがつくので現在はもうかっています。しかし、その部分には満期まで年6%の手数料がかかるので今後が心配。運用報告書も、正直何が書いてあるのか分かりません」と言う。そこで、業界の表も裏も知るX氏に、Yさんの運用内容を見てもらった。

「入門!「課長のためのお金塾」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長