• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

怒らなければ、世の中変わらない

避けるべきものではなく、向き合うものに

2012年8月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第1回のコラムに対して、コメントを寄せてくれた方がたくさんいたのに驚き、同時に感謝しています。「怒る」について、それだけいろいろな考え、思いがあるからだろうと受け取りました。

 その中で、「怒る」と「叱る」についての区別を指摘されている方が何人かいました。私の考えを述べておきます。

 「叱る」は相手の悪い点を直したり、改めさせたりする目的で行われるコミュニケーションです。主に上司・先輩から部下・後輩に対して行われるもので、育て、伸ばそうとするのが目的です。管理職の研修などで、このテーマはよく取り上げられています。そして叱るには、「感情的になって怒ったりしない」ことが、ただし書きとして付け加えられるのが常のようです。

 それに対し、「怒る」は生活の中で怒りを感じた時、その怒りを表すもので、感情表現の1つです。

 もともと、日本人は「喜怒哀楽の表現はこらえるのが美徳」と教育されてきました。とはいえ、今の時代、感情は素直に表現する方がいいと、大きく変化しています。中でも、喜びの表現は顕著で、多くの若者は笑顔、ガッツポーズ、「やった!」といった叫び声など、表現も多彩です。ロンドン五輪でも、そんな姿がよく見られました。

 近頃は、怒られると泣く若者もいるらしく、悲しみの表現にも“規制緩和”が進んでいるようです。ところが、「怒り」となると、依然としてブレーキがかけられ、「危険物」のレッテルが貼られたままです。

 そこで、「怒る技術」と題して、「怒る」感情の解放を促そうというのが、この連載の狙いです。前回の内容を踏まえつつ、コメントされた方々のご意見を頭に浮かべながら、もう一度、「怒る」ことのすすめを説いていくことにします。

怒りを感じたら、「怒る」のが自然

 すっかり前置きが長引いて、悪い文章の見本みたいになってしまった。ここからは本題に入りたい。

 言うまでもなく、人は怒りを感じるから怒るのである。

「差し当たり怒る必要が感じられない」
「怒るべき問題もない」
「腹が立たない性格で、怒ったことがない」

 などの場合、あえて怒ることはない。怒らないで済むのなら、それはそれで結構な話である。

 「人に期待するから怒るのであって、期待しなければ怒る必要もない」という理屈もある。理屈というよりは、これは1つの生き方だろう。もっとも、当初からそのような生き方だったのか、何度か期待し、期待が裏切られて激しく怒った結果、うまくいかず、かくして期待しない生き方を選択するようになったのかは、人それぞれに違いがあるのではないか。

 私もかつて、上司に過度な期待を抱き、言わば「ないものねだり」をして、失望した苦い経験の持ち主である。にもかかわらず、懲りもせず、上司にも部下にも、また異性に対しても、期待せずにはいられない。だから、怒りを感じる生活に、今も変わりはない。

 今日、多くの人は怒りを感じ、それを表現しないで我慢している結果、「いらいら状態」に陥っている。ストレスを抱える人が多いのも、そのためと言えるのではないか。

 怒りを感じたら、怒りを表現しよう――。繰り返すが、これが私の考えである。

 至って自然で、シンプルなものなのに、なぜ人は怒ろうとしないのか。怒りを我慢するのだろうか。

コメント10

「「怒る技術」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト