• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「リンス」で日米飛行機会議の雰囲気が険悪に

「らくだ」は英語で何と言う?

  • モナハン・ディラン

バックナンバー

2012年9月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Say again? 「セイ・アゲン?」

 10年ほど前、航空自衛隊が運用するC-130H型飛行機を操縦していました。パイロットと管制官とのコミュニケーションは、世界中で英語と決まっています。離陸、着陸、飛行中、全ての通信は英語。ある時、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーである私の英語が通じず、管制官と通信をするのに非常に苦労したことがありました。

 管制官と無線で連絡を取る際は、飛行機のコールサインを先に言って、それからリクエストを伝えます。でも、私の英語が通じませんでした。

 当時のコールサインは「Camel○○」。私は完璧な英語で着陸の許可をリクエストしました。「カメル○○・リクエスト・パミション・トゥ・ランド」(Camel○○, request permission to land)。それに対して管制官が、日本なまりの英語で「プリーズ・セイ・アゲン・コールサイン」(Please say again call sign)ともう一度言うよう求めました。私はキレイな英語でもう一度「カメル○○」を言いましたが、通じませんでした。

 コールサインが分からないと管制官は着陸の許可を出せません。困りました。やりとりしているうちに、英語の発音が問題であることに気づきました。私の発音は「カメルっ」ですが。日本の管制官は「キャメル」と言う発音に慣れていたのです。ネイティブが正しく英語を発音すると日本人は聞き取れないんだ! なるほど! 「Ca」が「キャ」ですね! その日から、日本の管制官と通信する際は、日本のカタカナ英語に合わせて発音するよう改めました。

 ビジネスの世界でも、上手にコミュニケーションを取ることがチャンスをつかむこつです。そのために、あなたが外国語を話したり聞いたりすることが出来る場合、相手に合わせることを考えましょう。そうすることで、ビジネスの相手との信頼関係をいっそう深めることができます。

リンスは薬品ですか?

 アメリカ政府は、世界中どこでも英語で仕事をします。ビジネスの世界でもだんだんそうなりつつあります。アメリカ人と日本人が大勢集まる会議では、英語のみか、もしくは通訳を使います。アメリカ人と日本人が集まる多くの会議に出席した経験から次のことに気づきました――信頼関係は言葉の理解がベースになっている。お互いの言葉が分からないと信頼関係が深くなりません。

 例を挙げましょう。先のC-130型飛行機を担当するアメリカの専門チームが年に1回日本を訪問して、意見交換をしたり、最新の技術を教えたりします。この会議で数年前に、ある問題が発生しました。そこで、日本語も英語も分かる私が、参加するように命じられました。

 会議室に入るなり、信頼関係が失われていることに気づきました。原因は「クリアー・ウォーター・リンス」(Clear water rinse)という言葉でした。これは「真水」で洗浄することです。しかし日本側の担当者は「リンス」を何かの薬品と勘違いして、その液体について説明を求めました。アメリカの担当者は「何で真水を説明する必要があるか」と怒り始めました。この一つの言葉を両サイドが勘違いしたことから関係がこじれ、他のアジェンダについて議論することも難しくなってしまいました。信頼関係が壊れると、全てが難しくなるのです。

コメント4

「米軍飛行士の「体当たり」式外国語習得法」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長