• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大卒ノンエリート社員時代がやってくる!?

6割は45歳以降も一生ヒラ社員

  • 羽生 祥子

バックナンバー

2012年9月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 サラリーマン生活も50歳前後になると、そろそろリタイア後の生活が脳裏をよぎります。 頑張って働いてきた自分、家族を支えてきた妻、社会に出る子供たちに、有形無形で感謝したいと思うお父さん。

 …ちょっと待って! 誠実な思いとは裏腹に、「こんなはずじゃなかった!」という人生最後の番狂わせがたくさんあります。早期退職、再雇用、退職金減額に年収横ばい…。シビアな現実と向き合わねばならないニッポンのお父さんたちに向けて、「退職貧乏父さん」にならないためのポイントをご紹介していきましょう。

(この記事は、日経マネーの好評書籍『退職貧乏父さんにならない6つの方法』の一部を転載したものです)

「老後はゆっくり旅行でもして、
 小さな庭で野菜を作って、自由気ままに暮らそう。
 たまには気心の知れた仲間とゴルフをしよう。夜は近所で飲んでもいい。
 贅沢な話じゃない。
 そもそも俺も妻も、質素な人間なんだから。
 月20数万円の年金をもらって、その範囲で暮らしていこう。
 蓄えだって少しはある。こづかいだって月5万円もあれば十分だ。
 身の丈に合った生活をしていければそれでいい。それが幸せってもんだ。
 何も、心配することはない……。」

 これは、誰もが抱く“老後”のイメージかもしれません。
 いいえ、イメージではありません。すでに退職したお父さんたちの多くが、こういった平和な生活を送っています。これまでの日本人が“一般的な老後”と考えていた暮らしです。

 しかし、現実は着実に変わりつつあります。
 公的年金はどうやら3割減を覚悟しなければならないようです。 企業年金も運用がうまくいかず、減る可能性が大きい。デフレでモノの値段は下がって家計は楽だけれど、それゆえ、日本を取り巻く経済状況はかんばしくない……。

 薄々感じていた不安が、だんだん形になって現れてきました。
 50代に入っても上がらない年収、思うように増えない銀行口座の残高。お金の不安は止まりません。

 「退職貧乏父さん」とは、単に預貯金がない人の話ではありません。やみくもに貯蓄に励んだり、しぶしぶ節約をしたり、はたまた無謀な投資をして利益を追っても、それは本当に豊かな老後とは思えないからです。

 「退職リッチ父さん」とは、自分の足で定年後も歩めるマネープランを持ち、その上で、自分ならではの趣味や仕事に取り組んでいる人です。

 「退職貧乏父さん」、少しきつい言葉です。できればなりたくありません。
 そのためにはどんなことに注意しなければならないか。 今から備えられることはあるのか。

 まずは45歳以降の年収推移の現実と、退職に向けた人生設計について考えていきましょう。

コメント0

「退職貧乏父さんにならない方法」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長