• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

感情的になることと「感情の表現」は違う

自分の「感情」について理解しよう

2012年10月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 怒ることの「ススメ」について、これまで5回にわたって書いてきた。

 読み直してみて、似通ったことを何度も述べた箇所があったり、具体例を長々と書きまくったりと、まあ一言で言うと「ごたごたと混み入っているな」と反省させられた。

 そこで、整理するためにポイントを要約したくなった。読者のためとはいえ、自分のためでもある。

1)もっと怒ろう

 報告をしない部下に、「報告ぐらいしろ!」と怒った直後は改まったものの、1週間すると再び報告しなくなった。一度怒っても直らないとあきらめずに、何度でも怒る。「もっと怒ろう」とは、改まるまで何度でも怒ること。

2)怒らない人が多い理由

 大人げない、みっともない。とりあえずの理由だが、もっと根深い理由として、「怒ってもどうなるものでもない」「自分が怒らなくても、誰かがなんとかしてくれる」。だから、「怒る」ためには自分への強いモチベーションが必要となる。

3)怒らなければ何も変わらない

 怒らない理由の打破として、「怒らなければ世の中、よくならない」を自覚したい。怒るべき時に怒る人が増えれば、職場だってもっと明るくなる。思うに、怒るべき時に怒る人は「心の強い人」である。心が強い人は、親切で、明るい人である。

4)怒りと、怒りに似て非なるもの

 時として、怒りの感情は突発的で激しい。とはいえ、「怒髪天を衝く」ほどの怒りを繰り返すのは、近頃の言い方では「ハードクレーマー」であって、怒りと似て非なるもの。作家の落合恵子氏は、白髪交じりのぼさぼさ頭を指して、「怒髪天を衝くで、終始怒り狂っています」と、笑顔で話していた。怒るには「破壊する」「状況を良くする」の2つがあって、後者が本来の「怒る」で、この怒りは明るさを伴うのである。

5)こんな怒りはご法度

 3つ挙げておく。

 1つ目は「気分で怒る」。不機嫌になると、やたらに怒る人。機嫌が直ると、一転して他人を持ち上げる。これでは、周りに迷惑である。

 2つ目は「身勝手な怒り」。自分の思い通りにならないと腹を立て、「何をモタモタしてるんだ、早くやれ!」と怒る。以前、上司に挨拶したのに返事をしてもらえなかった新人が、腹を立てて「こんな会社、辞めてやる」、そう言って退社した話を聞いたことがある。世の中、自分中心に回っていると思い込んでいる人たちである。

 3つ目は「相手を責めたてる」。「なぜだ」「どうしてこんなことをした」と質問ではなく詰問で相手を責めたてる。

 これら3つの怒り方は、周りを不快にし、結局、自分がみじめになる。

6)カッとなったら、一呼吸おく

 「衝動的な怒り」に対処するための、厄介だが大切な心得である。「地震がきたら水を1杯」。こんな標語を見たことがある。突然やってくる怒りは、地震に似ている。

 以上、これまでの大まかな整理である。怒るのは「状況をよくしたい」「今の状態を変えたい」「なんとかしたい」からである。相手を認め、関心を持つから、怒るのである。相手に対して「どうでもよい」のだとしたら放っておく。怒りはしない。

 口では「お前なんか、いない方がいい」と怒る人でも、本当にそう思っていたら、こんなセリフは吐かないだろう。

コメント3

「「怒る技術」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。

大村 禎史 西松屋チェーン社長