• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

怒りの感情の“正体”を知ろう

「不安」や「嫉妬」が原因になっていませんか?

2012年12月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今のままでいい、と考える人。

 1つは現状に満足している人、もう1つはあきらめている人。

 これらの2人は、もともと怒ろうともしないか、怒っても仕方がないと怒らない。

 怒る人とは、「こうしたい」「こうありたい」との思いが阻止されていると感じて、腹を立てる人である。ムカついたり、イライラしたりと怒りの感情で心が揺れ動いても、黙っていたのでは現状は変らない。怒りの表現は現状に働きかけて、これを変えようとする試みである。

 怒りの感情をどう表現するか。

 感情という心のエネルギーは、扱い方が難しいし、得体の知れない存在である。何度も言うように、怒りは激しい力を伴うので、怒りの感情についてはその周囲を何度も巡回して、知り得る範囲で“正体”を把握しておくことである。

 今回は、次の3つの点に触れていきたい。

1)自分の感情の癖について
2)相手の感情を優先させない
3)怒りを引き起こす、もとになる感情について

自分の感情の癖を知る

 怒る人にも、人によって怒り方に特徴がある。

 知人のKさん。にこやかで、楽しそうによくしゃべる、40代半ばの男性である。

「Kさんの怒ったところを一度見たいと思うんだけど、怒らないね、あなたっていう人は」

 Kさんは「そうですね、カッとなって怒ったりすることはないですね」。

「腹が立つとか、癪にさわるとか、ということはないんですか」

「そりゃありますけどね」

 にこにこ顔で言われると、気の短い私なんか、うらやましいと思う。1つ思い当るのは、Kさんが以前、「さっき、呼んで返事をしない店員がいたんですよ」と言った時のことだ。

 私が「それで?」と尋ねると、Kさんは「それで、『聞こえた?』って質問したら、『ええ、聞こえました』なんて、平気で答えるんですよ」と言う。

「そこでキミは笑顔で『だったら返事してほしかったね』って言ったのか」

「あれ、聞いてたんですか」

 そうか。これが彼の怒り方なんだと、私は思い当たったのだ。彼と一緒にいると、〈何とかならないの、その態度〉と相手に抱く不快感を飲み込まずに、その場で軽く、口にする。怒りの感情を大きくならないうちに、冗談のような口調で言ってしまえる人なのだろう。

コメント5件コメント/レビュー

今回は「怒ろうとを選択したときに」というテーマですが、そもそも怒ることを「選択」できる、つまりある程度冷静に怒るか怒らないかをコントロールしているという時点で、既に技術としてかなり出来上がっているのだろうと感じました。私が怒ることを「選択」できるようになってきたのはやっと最近のことなんですが(笑)、気をつけているのは、やはり別の方のコメントにもあるように、怒る相手の人格全体を否定しないということ。あとは、こちらが怒る場合は相手が先に怒っていることが多いので、なぜ怒っているのかをまずはこちらの感情は抑えながら丁寧に聞くということです。自己主張の大切さばかりが声高に強調される昨今ですが、我々が「怒る」ことも含めての自己主張の方法論・技術についても熟考し、磨いていくきっかけとなるこのような機会がもっと増えていくことを期待します。(2012/12/13)

「「怒る技術」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回は「怒ろうとを選択したときに」というテーマですが、そもそも怒ることを「選択」できる、つまりある程度冷静に怒るか怒らないかをコントロールしているという時点で、既に技術としてかなり出来上がっているのだろうと感じました。私が怒ることを「選択」できるようになってきたのはやっと最近のことなんですが(笑)、気をつけているのは、やはり別の方のコメントにもあるように、怒る相手の人格全体を否定しないということ。あとは、こちらが怒る場合は相手が先に怒っていることが多いので、なぜ怒っているのかをまずはこちらの感情は抑えながら丁寧に聞くということです。自己主張の大切さばかりが声高に強調される昨今ですが、我々が「怒る」ことも含めての自己主張の方法論・技術についても熟考し、磨いていくきっかけとなるこのような機会がもっと増えていくことを期待します。(2012/12/13)

42歳 会社経営者です。他人を怒る時に気をつけていることは、行為のみの注意にして絶対に人格否定をしないことです。いくら感情的になってもこれだけは守っています。今のところですが。。(2012/12/12)

気がつくと自分が年をとり周囲がこちらに遠慮したり敬意を表してくれるようになっていた。こちらは遠慮する相手がいなくなった。すると今度は私が不正に怒らなければならないのだ、という考えを持つようになりました。その所為で、周囲にではなく、世間で赤の他人を注意し怒り、早い話けんかを吹っ掛けるようになりましたね(苦笑)。(2012/12/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長