• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

個人投資家がもうけた投信、これから狙う投信

  • 真弓 重孝

バックナンバー

2013年3月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 円安・株高相場で、投資意欲の増した個人投資家が投資信託に資金を流入させてきた。これから注目する投信は何か。それらを探るため「日経マネー」編集部は個人投資家を対象に投信に関する調査を実施した。

 個人投資家にこれまで投資した投信のタイプ、その損益の状況、これから買いたい投信の資産クラスなどを回答してもらった。調査の結果、投信保有者の56%が含み益があると回答した。含み益があると答えた投信で最も多いのが「海外REIT投信」、次が「国内REIT投信」とREITが上位を独占した。そして3位に「新興国債券投信」が入った。


 REIT、新興国債券は世界的な金融緩和モードで価格上昇が顕著な資産だ。下のグラフに示しているように、それぞれの資産の代表的なインデックスは、リーマン・ショック後から現在まで軒並み約2倍に上昇している。それらが、投資の含み損益にも表れた格好だ。

地域別のREIT指数の推移
注:週足・配当込み。日本は東証REIT指数、世界(除く日本)、米国、アジアはFTSE EPRA/NAREIT グローバル・リアルエステート・インデックス(円ベース)
世界の債券インデックスの推移
注:月足。日本はNOMURA-BPI総合、世界はシティグループ世界国債インデックス、新興国はシティグループ新興国市場ソブリン債券インデックス(円ベース)

「お金の知恵袋」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授