• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

WHATを使えば、言いたい英語がすぐに口から出るようになる

単語が思い出せない時にも大活躍

2013年6月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

WHATが使えるようになると、言いたい英語が楽に口から出るようになります。ネイティブが話す英語も理解しやすくなります。「救いの神」とも言える表現があるので覚えてください。

この英文を今すぐ覚える

 救いの神とも呼べる表現はこれです。

This is what I want to buy.
これが買いたいんだ。

 ぼくはこの表現を留学時代に初めて知りました。英語に苦労していた頃、この表現を使うことで英語を口にするのが飛躍的に楽になったのを覚えています。自分が話す英語の何割かはこの構文でした。そのくらい頼りにしていたのです。

 皆さんはこのThis is what~で始まる言い方を知っていたでしょうか。
I want to buy this.
 は「This is what I want to buy.」とほぼ同じ意味で、こちらは中学で習いました。

 本屋に行って、長い間探していた本を見つけたとします。「そうそう、この本だ。これが欲しかったんだ」と思うでしょう。

 これを英語にしようとする時、私たちの頭にはまず、「これ、これ、これだ」という言葉が先に浮かびます。英語で言えば、thisです。

 「これが」のあとに「買いたい」が思い浮かびます。文法的な言い方をするなら、まず目的語が思い浮かび、そのあとに動詞を思いつくという順番です。その通りに英語にして言ったら、
This, want to buy.
 となってしまいます。

 これを文法的に正しいI want to buy this.という語順に直そうと思ったら、「そうだ、Thisは目的語だから、あとに持ってくるんだ」と頭を働かせなければなりません。こうやって英文を組み立て直すには時間がかかります。ネイティブが目の前にいるシチュエーションなら、正しい英語を言うまでに、バツの悪い間が生じてしまいます。

コメント4

「TOEIC500点でも国際人になれる」のバックナンバー

一覧

「WHATを使えば、言いたい英語がすぐに口から出るようになる」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員