• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「土日返上で仕事を」と米国人を説得できますか?

「できない」と言われても選択肢を示し続ける

2013年6月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本連載の第1回目を読まれた読者から「相手を尊重しつつ絶対に譲れない無理をお願いする」際、英語でどう表現したらよいかという質問をいただきました。第1回の最後に私が次のように書いたからです。

 「このような時にはどのような英語の表現にするのが適当なのか」「米国企業とこういう交渉をする際、どのように対応すればいいのか」といった疑問がありましたら、ぜひコメント欄を通じてご質問ください。状況に応じて使える英文のサンプルをなるべく多くご提示したいと思います。

 早速、質問いただきありがとうございます。ビジネスをしているとどうしてもこういう場面に遭遇します。「無理」とは「難しい依頼」のことでしょう。それでは「状況に応じて使える英文のサンプル」について考えてみます。

 「絶対に譲れない無理」を相手に納得してもらうのは日本人同士でも簡単なことではないですが、宗教、人種、国籍、個々人の価値観が違う場合、コミュニケーションはさらに難しくなります。日本人同士であれば、それなりに合意を得やすい内容であっても、海を越えた途端に理解されないという経験をされた方は多いのではないでしょうか。

 「個」を尊重する地域の人とネゴシエーションをすることは、「和」を重視する日本で育った方にとって結構タフです。自分にメリットがない仕事、自分の職務範囲として定義されていない仕事を依頼すると、直ちにNoとはっきり返してきます。

 日本人からすると「組織のためだ、このぐらい、ちょっとやってくれればいいのに」と思うかもしれませんが、カルチャーが異なる人には通じません。

 世界に様々な言語が存在する理由として、聖書に出てくるバベルの塔の逸話が有名ですが、言語だけでなくカルチャーも様々です。カルチャーの違いを分かったうえで英語を使わないと、表現だけ踏襲しても相手は納得してくれないでしょう。

 そこで読者の質問に対する英文サンプルを示す前に、私の欧米での経験を踏まえて、カルチャーの違いを説明します。

コメント12

「これで乗り切れ! 「英語」で初仕事」のバックナンバー

一覧

「「土日返上で仕事を」と米国人を説得できますか?」の著者

岡田 英雄

岡田 英雄(おかだ・ひでお)

グローバル人材育成アドバイザー

テキサス州立大学電子工学科を卒業後、日本IBMに入社。その後、複数の金融パッケージソフトウエア会社の日本進出にかかわる。シスコシステムズにも在籍。数々の海外プロジェクトのマネジメントを経験。現在、日本企業のグローバリゼーションに貢献するサービスを企画。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員