• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

部下に気づきを与える言葉

2013年9月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「上司は万能じゃない」

 「俺に期待するな」。2006年、早大ラグビー部の監督になって以来、私は選手たちにこう言い続けた。それは、監督が万能であり、常に正しい答えを与えてくれる存在だと選手が期待することに窮屈さを感じたからだけでなく、私に頼ることは選手たちの自律性を低下させると考えたからである。

 もちろん、万能、あるいは万能に近い監督や上司もいる。私の前任者だった清宮克幸さん(現トップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロ監督)がそうだった。鋭い戦略、それを現場に落とし込む力、大事な局面での決断力。何を取っても優れたカリスマだった。

 私が監督に就任した当時、選手たちは清宮さんのやり方に慣れ切っていた。明確な戦略と、適切な練習メニューが常に提示され、それに従うのが当たり前になっていた。その理由は、従っていれば勝てたからである。だから清宮さんと同じ「監督」という立場である私からも、同じように優れた戦略、練習メニューが繰り出されることを選手たちは期待した。

選手から返ってきた不満の声と舌打ち

 しかし、私は大学卒業後、3年半はイギリスに留学、その後は普通にサラリーマンをしており、ラグビーから離れること約10年。しかも指導経験は皆無だった。そんな私が監督になったからといって、急に優れた戦略や練習メニューを提示できるわけがなかった。

 最初は選手の期待に応えようと努力したが、空回りするばかり。彼らから返ってきたのは、不満の声と半ばさげすむような舌打ちだった。

 経験が浅い管理職は、同じような場面に出くわす。管理職になる前はプレーヤーとして、自分のことだけを考えていればよかった。マネジメントも、部下の指導も育成も、初めての経験。それでも部下は上司を万能、あるいは経験や知識が自分より豊富だと期待し、常に「正解」を与えてくれることを望む。そして、上司はその期待に応えようとする。

 そこにねじれが生じる。上司は、本当は万能ではない。それでも、なんとか答えをひねり出し、それを部下に与え続けると部下は自ら考えなくなる。ひねり出した戦略や手法がうまく機能しなければ、今度は部下にフラストレーションが生まれ、蓄積される。結果、部下は自律性を失い、上司と部下の間の信頼関係が失われていく。「万能なふり」は、かようにネガティブな結果を生むのである。

 こんな事態に陥らないためにも、上司は部下にあらかじめ「私は万能ではない」と宣言したほうがいい。そして、その後に続く言葉は「だから、自分で考えて」、あるいは「一緒に答えを考えよう」である。

 清宮流を真似てもうまくいかないと早々に判断した私は、選手たちに「俺に期待するな。自分で考えて」と言い切った。最初は非難ごうごうである。監督は何のためにいるのか。適切な指示や指導をしてくれるのが監督ではないか。

 彼らは反発した。しかし、それに耳を貸さずにいると、「仕方ないな、俺たちでやろうぜ」と、彼らはしぶしぶミーティングを始めた。しばらく見守っていると、自分たちで考えることが当たり前になった。

コメント1

「若手を動かす「言葉力」」のバックナンバー

一覧

「部下に気づきを与える言葉」の著者

中竹竜二

中竹竜二(なかたけ・りゅうじ)

2006年早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、2007年度から2年連続で全国大学選手権を制覇。2010年2月退任。同年4月日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターに就任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長