• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事ができる人は詭弁が上手

日本人が知らない我田引水の公式

2013年9月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 英検1級に合格するにも、英語の会議でうまく発言するにも、ネイティブ相手の折衝に勝つにも、全く同じ秘策が使えます。いかにうまく、自分の話に相手を引き込むかがカギです。それを実現する術が、ネイティブの得意とする詭弁の公式です。

英検1級にパスする秘法

 英検1級の2次スピーチ試験をパスするための方法を紹介します。秘訣はごく簡単。どんな設問が出ても、自分が予め用意し暗記した英文を口にする作戦です。

 英検1級を受験したことのない人のために、試験の概要を説明しましょう。

Agree or disagree: A college education is necessary for everyone
大学教育は誰にとっても必要なものか、否か

 といった問題が出され、その場でこの問いに関してスピーチをするものです。
(ここに掲げたのは実際に2011年に出されたものです)

 大学教育の功罪について話してみろと言われても、ぼくだったら何も浮かびません。日本語で話すのさえ難しいのですから、何かいい話を英語で瞬間的に口にできるわけはないのです。そこで、試験前から英文を考えておき、それを言うことにします。

 ぼくが暗記した英文はこういう内容でした。
 ぼくは消印の付いた古切手を集めています。まとまったら、慈善団体に送ります。そこではこれを換金して役立てています。ぼくには多額の寄付ができるほどの財産はないし、世の中に素晴らしい提言をすることもできません。それでも人のために役に立ちたい気持ちはあります。自分ができることをコツコツやっていくつもりです。

 「その英文は大学教育と何の関係もないじゃないか。試験問題の内容が全く分からない時に、回答欄に校歌を書くようなものだ」と思うかもしれません。

 でも、それがそうでもないのです。

詭弁の公式はこれだ

 どんな設問が出されても、この古切手例文が生きるようになんとか結びつけるところがポイントです。

 この場合ならば、「大学なんて大事じゃない。人生は人のために何かをしようという気持ちになることのほうが大事だ」という前フリを入れます。その後は古切手英文へまっしぐらです。

 問題が「政府は税金を賢く使っているか」だったらどうなるでしょう。やり方は同じです。「税金がちゃんと使われているかどうか、我々庶民には分からない。しかし我々が皆、人々のことを思って生きていけば、その意思がいつかは政治に反映される。政治を批判したり監視したりすることが大事なのではなくて、今自分が何をするかが大事だ」という前フリから古切手ネタへなだれ込めばいいでしょう。

 全くのこじつけですが、まっさらな状態から考えた揚げ句、何も思いつかないで玉砕するよりましでしょう。ぼくが過去問を見たところ、6割の確率で古切手ネタが使えることに気づきました。英検1級の2次試験は、5つの問題から1つを選ぶ方法です。計算上は3つの問題にこじつけが効くはずなので、合格できるわけです。

 この古切手ネタ作戦(詭弁の公式)を図式的に示すと、
枕 + 我田引水(自論)
 となります。枕とは「相手の問に付き合う」ことです。最初だけ付き合ったら、後は自分勝手な論理展開を始めてしまいます。

コメント7

「TOEIC500点でも国際人になれる」のバックナンバー

一覧

「仕事ができる人は詭弁が上手」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長