• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ネイティブの虚勢を見抜こう

超ネアカ表現の裏に隠された本音

2013年9月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『男はつらいよ』(原作・監督:山田洋次、主演:渥美清)の寅さんの心情をひとことで言うと、「顔で笑って、心で泣いて」でしょうか。これが多くのネイティブ・イングリッシュ・スピーカーに共通する心情だといったら、驚く人が多いでしょう。日本人が英米人に距離を感じてしまうのは、言葉そのものよりも、その奥に隠れた本音がつかめないからです。

英語の慰め表現は超ネアカ

 「3カ月後の3月末をもって会社は解散することになった」と日本支社長が告げました。新年の挨拶がこの言葉で始まり、集まった社員は誰もがショックを受けました。アメリカ本社から派遣されているごく少数の米国人社員を除いて、全員解雇になるとのことでした。ぼくを含めて日本人社員たちは打ちひしがれました。

 こんな時、ネイティブと日本人の違いが浮き彫りになります。日本人社員と同様にクビになるオーストラリア人同僚のマイクは平気な顔をしていました。

Maybe this is a blessing in disguise.
「これって悪い事じゃないよ。きっと良いことにつながっているんだ」

 と言ったのです。なお、disguise=変装ですから、直訳は「これは変装した祝福かもしれない」となります。ただし、ネイティブはそんな堅苦しいつもりで言ってはいません。

 クビを言い渡されて、「これは良いことだ」と思う人はいないでしょう。日本人従業員たちは詰問するような調子でマイクにwhyを浴びせかけました。彼のこの後の回答は名セリフでした。以下の4つの文がそれです。

Don’t worry.心配するなよ。
It’s OK.大丈夫だよ。
It’s not the end of the world.この世が終わるわけじゃないし。
It’s for the best.これでよかったんだよ。

 なぜ、名セリフかというと、マイクの言葉のどれ1つを取っても、単独で人を慰める時に使えるからです。ぼくは聞きながら、「これって励まし言葉のオンパレードだなあ」と思いました。マイクは別に根拠があって言ったわけではありません。

コメント14

「TOEIC500点でも国際人になれる」のバックナンバー

一覧

「ネイティブの虚勢を見抜こう」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長