• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オプティマイゼーション、ポートフォリオ、アロケーション:銭湯の温度はどうやって決まる?

2013年10月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第9回目の今回は、「オプティマイゼーション(optimization)」という言葉を、ポートフォリオ(portfolio)やアロケーション(allocation)と比較しながら考えていきたいと思います。

 「オプティマル・ポイント(optimal point)」は「最適点」。お風呂の場合でいえば「ちょうどよい湯加減」です。お風呂のお湯の温度は熱すぎてもだめ、ぬるすぎてもだめ。

 ちょうどよい湯加減は人によって違うものです。ということは、いろいろな人が来る銭湯は大変です。ある人は熱めが好きで、ほかの人はぬるめが好き。お客さん全体を考えて「最適(optimal)」な温度にしければなりません。

 銭湯の温度はどのようにして決まるのでしょうか。お客さんにアンケートでもしているのでしょうか。何事も疑問に思ったら足で調べてみるのが一番。さっそく近所の銭湯に入ったついでに番台でインタビューしてみました。

 「お湯の温度って、どうやって決めているんですか?」

 最初に聴いたお風呂屋さんの答えはこんなものでした。

 「うちはさぁ、ちょっと熱めの風呂とちょっとぬるめの風呂を2つ用意しておくんだよ。両方熱いと勝手にお客さんが水でうめてしまって自分にちょうど良くしてしまうからさぁ」

 次のお風呂屋さんはこう言っていました。

 「ウチはね、蛇口に近い風呂から遠い風呂に湯を配管で回している。そうすると蛇口から遠い方は『いい加減』に冷えて『ちょうどいい感じ』にぬるめの風呂ができちゃうんだよ」

 最後のお風呂屋さんは、こう言いました。 

 「テキトーだね!」

 長年の経験と勘がもたらす「よい意味でのテキトー」が、お客さんにとってオプティマル(=適当)な温度をもたらすということなのでしょう。 

トレードオフを考えながら「ちょうど良さ」を目指す

 opt-は「望む」こと。例えばオプション(option)というのは望むものを取るから「選択権」です。「最適解」は「オプティマル・ソリューション(optimal solution)」。Optimizationが意味するのは「望ましさで一番にする」ことです。

 ビジネススクールにおいても「最適化(optimization)」はとても大切なコンセプトです。経営とは、様々な条件を総合的に勘案して最適解を探すことだからです。

コメント0

「仕事で誤解を招かないためのビジネスリーダー英単語帳」のバックナンバー

一覧

「オプティマイゼーション、ポートフォリオ、アロケーション:銭湯の温度はどうやって決まる?」の著者

杉浦 正和

杉浦 正和(すぎうら・まさかず)

早稲田大学ビジネススクール教授

京都大学卒業、スタンフォード大学ビジネススクールでMBA取得。日産自動車、外資系コンサルティング会社、金融機関を経て、2008年から現職。人材・組織マネジメントを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師