• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英文ニュースの裏にある真実を見抜く読解術

英文は6割分かればよい

2013年10月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さんは、毎朝、新聞を読んでいることでしょう。日本語の新聞を読む時、私たちはいったいどの程度読み込んでいるでしょうか。妻から、「今日のニュースは何?」と聞かれても、ぼくはいくつかの大きな見出しくらいしか思い出せません。もしかしたら、6割も理解していないかもしれません。

 英文のニュースを読む時も、理解度を上げることより、記事の裏にある真実を考えることの方がよほど大事です。

読めないのは英語力が低いからではない

 「英文のニュースが読めない」と感じている人は、日本に関する英文記事を読んでみてください。ほとんど理解できるでしょう。よって、英語力の低さが理由ではないことが分かります。

 記事を難しくしている原因は固有名詞です。例えば、米ウオールストリートジャーナルの電子版の日本セクションに、RIKUZENTAKATAというタイトルのコーナーが長い間ありました。これを初めて見た時、ぼくには何のことなのか一瞬分かりませんでした。アルファベットを一文字ずつ読み下し、ようやく「そうか、陸前高田だ」と分かったのです。つまり、東日本大震災に関する記事が載っているコーナーでした。

 RIKUZENTAKATA という文字を目にして、「震災のことだ」と理解できる外国人は少ないのではないでしょうか。私たちが外国に関する記事を読む場合にも同じことが起きるわけです。ニューヨークの街路名や、パリに特有の食べ物の名前が、RIKUZENTAKATA のように何気なく出てきます。

 アフリカの奥地にある‘SHRINE’なるものを邦訳しなければならないことがありました。「神社」と訳すべきでないのは明らかでしたが、祠(ほこら)なのか廟(びょう)なのか、社(やしろ)なのか、どう訳していいか迷ったことがあります。見たこともない、その土地に固有のものは、文字を読んだだけでは想像できないものです。英語を読んでいると大なり小なりこうした問題にぶち当たります。

 「情報を仕入れる」とは、これまで知らなかったことを知ることです。もともと知らないことを明確に理解できるはずがありません。その上、見慣れない固有名詞が理解の邪魔をします。英文ニュースを読むときは、このことを心に留めておくだけでも気持ちが楽になります。

情報は少ないほど良い

 「情報を制する者が世界を制する」という言葉が人口に膾炙しているせいか、「情報はできるだけ多い方が意思決定に役立つ」と思っている人が多いのではないでしょうか。事実はこの逆です。

 有益な情報でさえあれば、少なくても事足ります。日々の生活で新聞の見出しくらいしか僕の頭に残らないのは、潜在意識が「それ以上の詳しい情報は要らない」と即座に判断しているからです。

コメント8

「TOEIC500点でも国際人になれる」のバックナンバー

一覧

「英文ニュースの裏にある真実を見抜く読解術」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授