• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英語も仕事もできないけど勝ち抜く術

優秀な師匠に出会えば一挙に伸びる

2013年11月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ネイティブの中でひとり奮闘しなくてはならない時、仕事力があれば何とかなります。しかし、英語力ばかりか仕事力もなかったら、どうするのか。それは、ぼくが若い頃に直面したピンチでした。

海外での仕事は段違いに厳しい

 ぼくは企画職の仕事を辞めて、米国でファンドマネージャーを目指しました。しかし、それは容易ではありませんでした。

 欧米では資産運用が人気の職業で、MBAコースの卒業生の中でも最優秀の人材が目指していました。このため、競争が並大抵ではなかったのです。金融機関に入社した若手はファンドマネージャーに選ばれるよう、土日の区別なく、夜も遅くまで何年も懸命に働きました。アメリカ人のある同僚は「今年出社しなかったのはクリスマスの1日だけだった」と言っていました。

 英語が苦手なぼくにとってはMBAコースですら「全く歯が立たない」相手でした。日本で高校や大学に通っていた頃は、勉強した時はそうでない時に比べて点数が良く、「勉強をすればしただけのことはある」ということが実感できました。ところが、MBAコースでは「いくら勉強しても下位から脱することができない」と感じていました。

 それでも、休みなく勉強すれば及第することできます。救いがあるわけです。これに対して、ファンドの世界で昼夜の区別なく働くライバルに勝つことは、努力すればなんとかなるというレベルではありませんでした。

 しかも、日本人が米国企業の分析をするのは、米国人がするのに比べて圧倒的に不利です。分析の前提となる知識や経験がないからです。例えば外食産業の分析。日本でなら、牛丼の吉野家とファミリーレストランのジョナサンとの客層、メニューの違いがすぐに思い浮かびます。しかし米国の外食産業を分析する場合、米国企業に関する、数字には表れない微妙な差が分からないのです。ぼくは「MBAコースですら下位にしかなれなかった。この職場は輪をかけて厳しい。まるで無理じゃないだろうか」と思い、暗たんたる気持ちになりました。

成長の手がかりは過去にあった

 それでも、ぼくはここで諦めたくはありませんでした。諦めたら負けです。差別化に直につながる強みを持っていなかったのは事実ですが、それでも何か手がかりはないかと探しました。

 自分がこれまでで一番成長したのはいつだっただろうと考えました。すると、1人の上司の顔がすぐに思い浮かびました。ぼくを一人前のビジネス・パーソンにしてくれた人です。彼に出会う前、ぼくの考える力は決して高くはありませんでした。大学の課題でクラスメートと共同で論文を作る際、友人から「俺が考えるから、お前が文にしろ」と言わる始末でした。この上司はそんなぼくを鍛えてくれた人です。

 上司は、ぼくが大学を卒業して最初に入社した会社の社長室長でした。社長室に配属されて3カ月経った時、「君に任せたい仕事がある」と呼ばれました。言い渡されたのは、社長への誕生日プレゼントを決めることでした。

 その会社では各部門の新人たちが社長に誕生日プレゼントを渡す伝統がありました。会社の創業オーナーでもある社長は、誕生日に若手社員と顔を合わせるのを楽しみにしていました。

 ところがぼくは、誕生日前日になってもプレゼントを何にするか決められずにいました。すると上司は「考えが足りない」と一喝しました。そして「どうしたら相手が喜ぶか真剣に考えたか。そうしたら本当に大事なことが見えてくる」「相手は一代で会社を上場させた人だ。欲しいものは何でも持っている」と続けました。

コメント0

「TOEIC500点でも国際人になれる」のバックナンバー

一覧

「英語も仕事もできないけど勝ち抜く術」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者