• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

LINE、ネトゲが止まらない

第2回 ネット依存からの脱却

2014年3月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経デジタルマーケティングは、書籍『わが子のスマホ・LINEデビュー安心安全ガイド』をまとめた。このコラムでは、その関連記事を紹介する。第2回は、スマホの普及とともに青少年に広がる「ネット依存」問題とその対策について見ていく。

 「ネット依存の中高生、51万8000人」──。2013年夏、衝撃的な数字がニュースや新聞で報じられました。これは厚生労働省の研究班が2012年10月から2013年3月にかけて実施した「未成年の喫煙・飲酒状況に関する実態調査」で、参考までにネット依存度についても尋ねた結果です。47都道府県の中高生約14万人を対象に学校を通じて調査票を配布し、約9万8000人が回答。喫煙・飲酒については経験、頻度ともに減少する一方で、ネット依存は顕著な数字が出たため、こちらの方が大きくメディアに取り上げられることになりました。

「インターネット依存症」診断テスト

  • Q1.あなたはインターネットに夢中になっていると感じていますか?(例えば、前回にインターネットでしたことを考えたり、次回することを待ち望んでいたり、など)
  • Q2.満足を得るために、ネットを使う時間をだんだん長くしていかねばならないと感じていますか?
  • Q3.ネット使用を制限したり、時間を減らしたり、完全にやめようとしたが、うまくいかなかったことが度々ありましたか?
  • Q4.ネット使用時間を短くしたり、完全にやめようとしたとき、落ち着かなかったり、不機嫌や落ち込み、またはイライラなどを感じますか?
  • Q5.使い始めに意図したよりも長い時間オンラインでいますか?
  • Q6.ネットのために大切な人間関係、学校のことや、部活動のことを台無しにしたり、危うくするようなことがありましたか?
  • Q7.ネットへの熱中しすぎを隠すために、家族、学校の先生やその他の人たちにうそをついたことがありますか?
  • Q8.問題から逃げるために、または、絶望的な気持ち、罪悪感、不安、落ち込みなどといった嫌な気持ちから逃げるために、ネットを使いますか?

※厚生労働省の研究補助金で実施した未成年の喫煙・飲酒状況調査の中で、インターネット利用について尋ねた質問内容(2012年度)
※5項目以上該当する場合は「病的な使用」と判定

 調査票は上記の通り。「満足を得るためにネット利用時間を長くしなければならないと感じる」「ネット利用時間を減らそうと思ってもうまくいかない」「ネットのために大切な人間関係を危うくしたことがある」など8項目の質問に対し、「該当する」「該当しない」の2択で回答してもらい、5項目以上で該当すると、ネット依存が強く疑われる「病的使用」の状態にあると判定。その結果、5項目以上該当した生徒が8.1%に上ったことから、全国の中学・高校生の総数から約52万人という数字を弾き出しています。

目安は1日2時間まで

 「見直しが必要な人は実際もっと多いのではないか?」とこの結果に対して指摘するのは、ネット依存の専門外来を持つ成城墨岡クリニック(東京都世田谷区)院長の墨岡孝医師です。

 52万人という数字はインパクトがあるものの、率にして8.1%は35~40人学級で3人程度。しかし予備軍まで考慮すると到底この数では収まりません。

コメント4件コメント/レビュー

大量の漫画や雑誌が出版されてた時代もファミコンに代表される家庭ゲーム機の時代も同じような【否定論】が繰り返されているだけに感じる(2014/03/24)

「これで安心スマホデビュー」のバックナンバー

一覧

「LINE、ネトゲが止まらない」の著者

小林 直樹

小林 直樹(こばやし・なおき)

日経デジタルマーケティング記者

2007年「日経デジタルマーケティング」の創刊に参画。現在同誌記者。1999年の東芝ビデオクレーマー事件の取材をきっかけに、ネット“炎上”案件の取材、執筆、講演がライフワークになっている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大量の漫画や雑誌が出版されてた時代もファミコンに代表される家庭ゲーム機の時代も同じような【否定論】が繰り返されているだけに感じる(2014/03/24)

目新しい話はなかった。どのような人が依存しやすいのかなども書いていただければ。そこまで研究調査してないのであれば、参考にならない。(2014/03/24)

スマートホンを導入して使えば使うほど、子供には持たせたく無くなります。顔が見えないコミュニケーションは悪い人間ともつながりやすい。既読スルーなんて気を使うことで神経をすり減らす。ゲームも射幸心を煽って金を使わせようとする。18禁の情報?にも触れやすい。暇つぶし、気晴らしどころか疲れて時間も金も食ってしまう問題製品ですな。(2014/03/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長