• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

歩きスマホは「歩く凶器」

第4回 歩きスマホ、ながらスマホ

2014年3月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経デジタルマーケティングは、書籍『わが子のスマホ・LINEデビュー安心安全ガイド』(同誌記者・小林直樹著)をまとめた。このコラムでは、その関連記事を紹介する。第4回は、重大な事故につながる「歩きスマホ」「ながらスマホ」について見ていく。

 全スポンサーが降板する騒ぎになった日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」のCM枠で、代わりに放映されたACジャパンの公共CMの一つに、「ながらスマホにマナーを。」がありました。多くの人が「そうそう」と思うテーマ、かつNHKの朝ドラ「あまちゃん」で若き日の春子役を演じた有村架純さん出演ということもあり、サシカエCMの中でも大きな反響がありました。

 今年1~2月には、「やめましょう、歩きスマホ。」と書かれたポスターが交通機関や自治体施設、大学キャンパスなどで掲示されました。ところが、そんなポスターの前を「歩きスマホ」で通過していく人が後を絶ちません。広告メッセージというものは、届いてほしい人に限って往々にして届きにくいものです。歩き“ながら”はもちろんのこと、携帯音楽プレーヤーで音楽を聴き“ながら”や、自転車に乗り“ながら”はさらに危険度が増すことになります。

小学生の転落事故も発生

 国土交通省によると、スマホやゲーム機などの携帯端末を操作中に駅のホームから転落した事故は、2011年度は全国で18人、2012年度は同19人に上ります。2013年5月には、JR四ツ谷駅で携帯電話を操作しながらホームを歩いていた小学5年の男子児童が中央線のホーム下に転落。直後に東京行きの快速電車が進入しましたが、児童はホームと線路の隙間に入ったことで最悪の事態を免れました。また、都内でスマホや携帯電話の“ながら”利用が原因とみられる事故で救急搬送された人数は、2013年は36人で、2010年の23人から大幅に増えたという数字が出ています。

 こうした事故はしばしば報じられているものの、歩きスマホの習慣はなかなか改まりません。モバイル市場の動向をリサーチしているMMD研究所(東京都渋谷区)が、スマホを持つ18歳以上の男女558人を対象に2013年11月に実施した調査では、歩きスマホをしている人は57.1%。「日常的に歩きスマホをしている」と回答した118人のうち、5人に1人以上の22.9%が歩きスマホ中に「事故またはけがをした経験がある」と回答しています。一方、「ほとんど操作しない」と回答した人まで含めた487人を対象に事故経験を尋ねると、その数字は8.8%に下がります。

 一方、「歩きスマホをしてる人は迷惑だ」と思う人は78.2%に上りました。他人の歩きスマホを見て「危ない」「迷惑だ」と思いながら自分もしてしまう人が相当数いることが分かります。

歩きスマホは歩きガラケーより危険

 しかしながら、スマホ以前のガラケーの時代から「歩きケータイ」「歩きメール」はあったのに、なぜ今になって急に「歩きスマホ」がやり玉に挙がっているのでしょう。

 筑波大学大学院人間総合科学研究科で交通バリアフリーなどが専門の徳田克己教授が、両者の違いを調査しています。

コメント3

「これで安心スマホデビュー」のバックナンバー

一覧

「歩きスマホは「歩く凶器」」の著者

小林 直樹

小林 直樹(こばやし・なおき)

日経デジタルマーケティング記者

2007年「日経デジタルマーケティング」の創刊に参画。現在同誌記者。1999年の東芝ビデオクレーマー事件の取材をきっかけに、ネット“炎上”案件の取材、執筆、講演がライフワークになっている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員