• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

親子間のお金の貸し借りに税金?

贈与税はどんなときにかかってくるのか

2015年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 税法の勉強を始めた学生時代、先輩に「今日はバイト代が入ったからおごってやるぞ」といわれて居酒屋について行ったとき、「おごってもらった場合、あとで贈与税がかかるのかなあ?」と素朴な疑問を持ったことがあります。実際、税法を勉強している先輩に尋ねました。

 先輩によると「年間60万円(当時の基礎控除)までは贈与税がかからないため大丈夫」とのことでした。「そうか、うっかり60万円を超えないように、誰からいくらおごってもらったかはきちんとメモしておかないといけないな。大変だなあ」とまじめに考えていたものでした。

 仕事を始めてからは、こんなこともありました。

 個人のお医者さんが、バブル期に抱えたローンの処理のために自宅を売却し、残りの債務(無担保となった不良債権)をサービサー(債権回収会社)に移行するスキームを活用しようとしたことがありました。

 サービサーに移行するスキームとは、銀行が不良債権(返済が遅滞して回収が困難になった債権)を処理する場合の手法です。

 通常、ローンを完済しないと銀行は担保の抹消をしませんが、それではいつまでたっても売却できないので、1円も回収できません。とりあえず担保を抹消してあげて、売却代金を回収し、不良債権化した残債(無担保債権)をサービサーに安く譲渡して損切り決着するのです。

 サービサーはその後、債務者から回収するのですが、もともと不良債権を安く購入しているので回収がユルく、一定額返済したら場合によって債権放棄をしてくれるのです。債務者にとっては破産せずに債務を圧縮する結果になるのですが、金融機関との交渉が複雑なので、経験のある税理士や弁護士などの専門家でないと扱っていません。

 このケースでは、最終的には金融機関と交渉して適正時価で子供に買い取らせたのですが、子供にお金がないので祖父から借りて決済させました。

 その後、税務署からお尋ねがあり、契約書と返済事実を証明する通帳のコピーを提出しました。一件落着と思っていたら、その3年後、その後の返済状況を確認したいと、また税務署から連絡が来ました。同じように、その際も通帳のコピーを提出しました。

 ところが2年後、所得税の税務調査(贈与税ではない)の際にまた、同じ税務署からその後の返済状況を確認されました。税務署に、お医者さん→孫→祖父→お医者さんと、お金が還流しているのではないかと疑われたのです。もしそうだとすると、お医者さんから孫への親子間贈与税の対象になるのです。

 このように、親子間始め、夫婦間の貸し借りについては、税務署は限りなく贈与に近いと考えているので注意が必要です。

 最近の税制改正では、贈与税の非課税策が次々と打ち出されています。今回は、先輩後輩、親子間など、どのような場合に贈与税がかかるのか、あるいはかからないのかを見ていきましょう。

社会通年上相当のものなら贈与税はかからない

 冒頭の先輩が後輩におごる例では、もちろん年間60万円の基礎控除(現在は110万円)以下であれば問題ありませんし、そもそも相続税の通達で、「社交上必要な金品で贈与者と受贈者との関係などに照らして社会通念上相当と認められるものについては贈与税を課税しない」とされているため、食事をおごってもらう程度であれば、贈与税はかかりません。

 先輩が後輩に食事をごちそうする、師匠が弟子を数多く引き連れて飲みに行く、横綱がタニマチから衣装代や豪華なパーティーを開いてもらう、それなりの立場の社長さんがややこしい愛人へそれなりの手切れ金を払う、なども社会通念上相当と認められれば、贈与税はかかりません。社会通念上という表現は時代とともに変化しますが「その立場(世界)での常識」ということで全国民の平均ということではありません。ちなみに千昌夫さんは離婚時に50億円の慰謝料を相手に支払ったといわれています。

コメント1件コメント/レビュー

親は5000万円の山手線内のマンションを即金で買ってるのにうちは、都内1500万円の中古マンションで4人暮らし。もちろん、住宅ローンです。親から1000万円ぐらい贈与してくれと言いたいです。(2015/05/21)

「腕利き税理士&弁護士コンビの知らないと怖い相続の話」のバックナンバー

一覧

「親子間のお金の貸し借りに税金?」の著者

内藤 克

内藤 克(ないとう・かつみ)

税理士

1962年生まれ。1985年中央大学商学部卒業(経営分析論)、1990年税理士登録。1995年税理士事務所開業、2010年税理士法人アーク&パートナーズ設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

親は5000万円の山手線内のマンションを即金で買ってるのにうちは、都内1500万円の中古マンションで4人暮らし。もちろん、住宅ローンです。親から1000万円ぐらい贈与してくれと言いたいです。(2015/05/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授