• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

二世帯住宅の悲劇

ここは私の家じゃないの?

2015年5月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この頃は、二世帯住宅に住んでいる方を時々見かけます。1階と2階で玄関が別々になっていて、1階にはおじいちゃんおばあちゃんが住み、2階には息子や娘家族が住む形式の住宅です。

 玄関が別々になっていますから、それぞれ干渉されることなく、気楽に生活ができるうえ、間近に住んでいるわけですから、何かあった時にはすぐに助けてもらえる。まさにいいことずくめ。おじいちゃんの退職金で建築代金を半分負担し、残り半分を息子がローンで負担して、古くなった実家を建て直せば、無理なく立派な二世帯住宅が建てられることでしょう。

 長男であるAさんも、父親とお金を出し合って古い実家を二世帯住宅に建て替え、快適な生活を楽しんでいました。ところが、母親と父親が相次いで亡くなり、別の場所に住んでいる弟との間で相続問題が持ち上がってしまいました。

 Aさんは、ここで初めて、自分たち家族が住んでいる2階部分も遺産分割の対象となり、場合によっては家を出ていかなければならないことを知り、茫然自失になったのです。

2世帯住宅の所有権

 Aさんにしてみれば、建築費も半分自分が負担しているわけですから、自分たち家族が住む2階は当然自分のものだと思っていました。ところが、それは大きな勘違いです。

 こういった2世帯住宅の場合、家の所有権は、建築費を出し合った父親と長男の2人で1/2ずつの共有になっているのが一般的です。ここで共有というのは、1階を父親が所有し、2階を長男が所有しているという意味ではありません。あくまでも1階と2階は合わせて1個の建物であって、1個の所有権を父親と長男が共同して持っているということになるのです。

 このため、父親が生活していた1階部分についても長男は1/2の権利を持っていることになりますし、その反面、長男が生活している2階部分については、父親も1/2の権利を持っているわけです。Aさんの自宅は、まさにこのケースでした。このため、父親が亡くなった今、Aさんがこれまで自分の家だと思ってきた2階部分についても、相続をめぐって弟と争わなければならなくなったわけです。

区分所有建物にする方法

 Aさんが自分たちの住む2階部分の権利を確保しておくための方法としては、二世帯住宅を建築した際、区分所有建物として登記し、1階部分はお父さんの所有、2階部分はAさんの所有として登記しておく方法があります。

コメント5件コメント/レビュー

読者に対する警鐘としては面白い記事だが、もう一歩踏み込んで共有名義になっている場合の対処方法まで示してほしかった。ある種の不安をあおっただけに見える。相続のケースは読者コメントにもあるように、様々な状況が考えられるので、「一般論」としても簡潔に対処法を示すことは難しいということなのだろうか。(2015/05/28)

オススメ情報

「腕利き税理士&弁護士コンビの知らないと怖い相続の話」のバックナンバー

一覧

「二世帯住宅の悲劇」の著者

長家 広明

長家 広明(ながや・ひろあき)

弁護士

1963年神戸市生まれ。早稲田大学法学部卒。第一東京弁護士会所属。インテグラル法律事務所パートナー弁護士 、日本弁護士連合会高齢社会対策本部委員、NPO法人 遺言・相続リーガルネットワーク事務局長

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

読者に対する警鐘としては面白い記事だが、もう一歩踏み込んで共有名義になっている場合の対処方法まで示してほしかった。ある種の不安をあおっただけに見える。相続のケースは読者コメントにもあるように、様々な状況が考えられるので、「一般論」としても簡潔に対処法を示すことは難しいということなのだろうか。(2015/05/28)

親の家からは、電車で2時間以上離れた場所で家を構えるのが大事だと思っています。もっとも、親は一戸建てを引き払って都内に引っ越してしまったので、1時間以内になってしまいましたが。二世帯住宅は考えるだけで怖気が来ます。(2015/05/28)

そうかなあ。よく相続でモメる親が子供名義でした銀行預金は実質的な負担者である親の財産とみなされるし、不動産登記には公信力がないから銀行との金銭消費貸借契約の名義とは関係なく実質の支払い者が父であることを相続人が証明すれば更正登記を経てすべてが父の遺した相続財産と認められるのではないでしょうか。もしも同居の子への生前贈与という理論構成を採ったら贈与税とか特別受益分とかもやっかいですしね。(2015/05/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

5年前は(日本製を好む中国人の消費は)一過性のものだと考えていた。

高原 豪久 ユニ・チャーム社長