• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ハイテク投資、カネさえあればできるほど甘くない

  • 大澤 弘治

バックナンバー

2006年4月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、某機関投資家に、「あるトップクラスのベンチャーキャピタル(VC)に出資をしたいので仲介して欲しい」と依頼された。この投資家は世界レベルでも有数の機関投資家であり不思議に思って詳しい話を聞くと、以前にそのVCに出資をしていたが、1980年代後半のハイテク景気低迷時に資金を大幅に引き上げたのだと言う。

 確かに80年代後半は「シリコンバレーは死んだ」とまで言われた時期であり、多くの人が90年代に起こるインターネットを中心としたIT産業の活況を予見できずにいた。その結果、多くの投資家がハイテク・IT分野から資金を引き上げた。この機関投資家もそうした撤退組みの1社だった。
 
 早速そのファンドに可能性を打診してみたところ、80年代後半に、そのファンドのメンバーに加わって間もなかった人物が、現在ではパートナーの中でも中心的な存在となっており、当時のことをしっかりと覚えていた。「その機関投資家には、我が社が厳しい時にサポートしてもらえなかった。残念ながら、当時もサポートしてくれた他の投資家を優先したい」と断られてしまった。

 現在では、新規ファンド募集開始当日に調達予定額の5~6倍の申し込みがあるようなトップクラスのVCも、当時は資金調達に四苦八苦をしていた時代がある。業界全体が苦しい時期に、どのような投資姿勢を取っていたかどうかが、後になって効いてくる。資金さえあれば、誰でも優良なVCの出資者になれるわけではない。

 プライス・ウォーターハウス・クーパーズの調査によると、米国のVCが2005年に調達した資金は252億ドルにのぼり、バブル期以来の高水準を記録した。プライベート・イクイティ(未公開株)投資の中でも、企業の株式を買収し価値を高めて転売するバイアウト投資と並び、VC投資は人気がある。多額の資金がVCに流入したことにより「バブルの再燃」が懸念されるが、前回のITバブル時とは多くの点で異なっている。

コメント0

「大澤弘治の「シリコンバレー見聞録」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長