• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「最適な教員探しが産学連携成功のカギです」

第1回 石川島播磨重工業

  • 丸山正明

バックナンバー

2006年5月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1986年に起こった高温超電導ブーム。従来の金属系の超電導物質に比べて、数十~100度近く高い温度で超電導になるセラミックス系超電導物質が相次いで発見され、沸点が-200度付近の液体窒素を冷却剤に使えるビスマス系やイットリア系の高温超電導物質が次々と登場した。超電導現象の電気抵抗ゼロによる応用開発に期待は大きく膨らんだ。

 しかし、その応用開発は難問が続出し、実用化は当初期待されたほどには進んでいない。そのセラミックス系超電導材料を利用する船舶用の超電導モーターの実用機が2006年6月下旬にいよいよ登場する。企業7社と大学1社が組織した「産学共同チーム」の産学連携のたまものである。

 産学共同チームのまとめ役を務める石川島播磨重工業は、2006年6月下旬に船舶用の400キロワット超電導モーターをお披露目し、営業活動を始める。ビスマス系高温超電導線材をコイルに用いる超電導モーターを組み込んだ舶用電気推進装置を世界で初めて事業化する。セラミックス超電導線材を使いこなすのは至難の業であるため、簡単には追いつけない独創的な電気モーターである。

 今回は、事業企画から4年間という短時間で事業化した点が注目される。事業責任者を務める石播の稲川泰弘取締役・舶用超電導推進事業室長に、開発の経緯を聞いた。稲川取締役は、成功のカギは「産学連携の際に、企業マインドを持つ大学教員と出会うことができたから」と分析する。

超電導モーターは大型化するほど事業の採算性が高まる

稲川氏
石川島播磨重工業の稲川泰弘取締役・舶用超電導推進事業室長

──超電導モーターを船舶の推進装置に使う利点は。

稲川 推進装置が大幅に静かになり、超小型・軽量になる点です。静かさは60デシベルと普通の住宅街並みです。小型化は比較が難しいのですが、5000キロワットの電気モーターでは従来装置に比べて約10分の1(従来装置と減速機の組み合わせに対しては約20分の1)と大幅に小さくなります。これは船舶にとってはかなり魅力的なことです。このため、電気推進装置は客船や軍用の艦艇などで主流になっています。

──400キロワットの超電導モーターが登場する意味は。

稲川 2006年6月下旬に発表予定の400キロワット超電導モーターの原型となる12.5キロワットを、1年前の2005年4月に発表しました。まずきちんと動くことをお示ししました。今回の400キロワットは、200トンクラスの小型船舶用です。実質的な実用機です。石播のお家芸である二重反転プロペラにすると、400キロワットを2台装備するので、400トンクラスの船に対応できます。

 400キロワットの価格は、プロペラからエンジン、インバーター、超電導モーターなどの推進システム一式では1億円程度になる見通しです。

 実用機の400キロワット級を製品化した後は、その大型化を進めます。2006年内に2500キロワット級のメドをつけ、続いて1万2500キロワット級を製品化します。1万キロワットを超えると、1万2000トンクラスの大型船舶に適用できます。超電導モーターは大型化するほど、その利点が高まると同時に、事業の採算性も高まります。

──特徴は。

稲川 超電導モーターのコイルに、日本の研究者が発見したビスマス系高温超電導材を用いた線材を利用し、液体窒素(沸点=-196℃)で冷却できる点です。金属系超電導線材で使う液体ヘリウムを使わないで済む点に大きな意味があります。液体窒素を冷凍機で冷やし続けることで、超電導現象を持続させることができます。

コメント0

「シリーズ「産学連携」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長