• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

堕ちたフォードとGMのブランド価値

  • 武谷 匡城

バックナンバー

2006年7月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米フォード・モーターと米ゼネラル・モーターズ(GM)の米国自動車販売台数の凋落に歯止めがかからない。今年5月末時点でのマーケットシェアは、フォードは前年比較で0.6ポイント減少し、18.3%、一方、GMは1.9ポイント低下し23.5%まで減少した。5年前のマーケットシェアはフォードが24.5%、GMが29.1%であったことを考えると驚くに値する。

 最大の要因は、魅力ある商品を提供してこなかったこと、言い換えれば、消費者のトレンドシフトを充分に読み切れなかったことに尽きる。フレーム構造のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)から、乗用車・ミニバン・SUVの3つの機能を兼ね備えたCUV(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)へとユーザーの嗜好が変化していくさまを、拱手傍観している間に、日系及び韓国の自動車メーカーにシェアを奪われている。

急落するビッグ3の下取り価格

 マーケットシェアの縮小に加え、ビッグ3のブランド価値の下落が叫ばれている。特に、フォードとGMグループのブランド価値が昨今、著しく低下している。添付の表をご覧いただきたい。調査会社米ALGが提供する米国市場における新車購入から3年後の残存価値のランキングだ。驚くべきことにトップ10に米国ビッグ3は含まれない。一方、ワースト10の内、5つのブランドがフォードとGMグループだ。

 フォードの「リンカーン」「マーキュリー」、GMの「シボレー」「ポンティアック」「ビュイック」などのブランドは新車購入3年後の残存価値が新車価格の30%台まで落ち込む。つまり購入してから3年後にクルマを買い換えようと思ったら、新車で買った時の3割以下の下取り価格を覚悟しなければならないということだ。

 これに対し、BMWの「ミニ」は新車購入後3年を経ても、その残存価値は60%を下回らない。ミニは2002年に米国で発売開始されて以降、安定的に年間4万台ペースで販売されており、陳腐さを感じさせない存在感がある。このようにブランド価値を高めるためには差別化が必要である。つまり、お金を上積みしてでも買いたいと思う魅力ある商品を生み出すことが重要なのである。これが、ミニやBMWのブランド戦略であり、フォードとGMに不足しているものである。

「武谷匡城の「数字で見る自動車業界の未来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授