• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

でかくて速いハイブリッド車、“無理め”なレース参戦にトヨタらしさを見た

  • 浜田 基彦

バックナンバー

2006年7月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「十勝24時間レース」に出場した「レクサスGS450h」。後ろは優勝したポルシェ911GT3。こんな本気モードのクルマと戦うなんて無茶だ

 レースを見に十勝へ行った。「4週間前のディーゼルに続き、ハイブリッドまで優勝」なんてことになったら、歴史的瞬間を見逃すからだ。万が一だけど。

 7月16~17日、トヨタ自動車は「十勝24時間レース」にハイブリッド車「レクサスGS450h」を出場させた。結果は17位。予想は大きく外れた。こんなに速いとは、いや、まさか完走するとは。

 立派なものである。18位はホンダの「インテグラ」、19位は三菱自動車の「ランサーエボリューション」、以下ホンダの「NSX」、「S2000」。もともと速く走るために生まれてきたような車種ばかりである。快適にお客様を運ぶ「GS450h」とは成り立ちが違う。

 レクサスは場違いに巨大で、身のこなしもゆったり。実測で1685キログラムはあったという。「狼の群に迷い込んだ羊」のようだ。車種の選択を間違ったのではないか。

ハイブリッドの電気が足りない

ピット作業。予備のハイブリッドユニットまで持ち込んだが、使う機会はなかった

 しかも「GS450h」はFR(前部エンジン後輪駆動)だ。十勝のサーキットというのはパキパキとしたコースで、半径25~75メートルというきつめのコーナーを直線で結んだものだ。大平原に市街地サーキットがあると思えばよい。

 当然、ハーフスロットルでジワジワとコントロールする時間は短い。走り方もパキっとしている。全開で加速するか、全力で制動するかである。どちらかのペダルを床まで踏みっぱなしだ。

 ハイブリッドシステムに食わせる電気は、回生ブレーキで発電する、部分負荷時にエンジンを余分に回して発電する…のどちらかで作る。十勝のようなコースで部分負荷がないのなら、回生ブレーキに頼るしかない。

コメント3

「浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授