• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キラリと光る姿に、見とれてしまいます

  • 若林 葉子

バックナンバー

2006年8月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 代官山の街角で、
 横浜みなとみらいの駐車場で、
 休日の首都高で、

 最近、ハッと目を引くクルマがあります。

 どこか懐かしげな風貌なのに、古びた感じはしない。旧車のようでもあるのに、「モダン」という形容詞がついてもおかしくない。見覚えのないエンブレムに、いったいどこのメーカーかしらと気になって、クルマ好きの友人に尋ねてみると、返ってきた答は光岡自動車の「Viewt」(ビュート)でした。

 
 

 1968年に個人事業として出発した光岡自動車は、79年に株式会社化し、82年に初めて自社オリジナルカー「BUBUシャトル50」を発表、そして全国で中古車販売事業及び輸入車の正規新車ディーラーを展開しつつ、93年に光岡を代表するクルマとなる「ビュート」を世に出しました。そして94年には自社製シャーシのスポーツカー「ゼロワン」を開発し、ホンダに続く日本で10番目の乗用車メーカーとして認められます。現在、ビュート以外にも6車種のラインナップがあります。

 私は光岡のクルマを、東京モーターショーなどで以前から目にしているはずなのですが、なぜか今まで街中を走っている姿に気づくことはありませんでした。私がおっちょこちょいなのかもしれませんが、恐らく皆さんもあまりご存じないのではないでしょうか。まだまだ「知る人ぞ知る」クルマであり、メーカーであることは確かなようです。

改造車を超えた姿

 さて、ビュートです。ビュートはシャーシから自社で製造しているクルマではありません。他のメーカーがつくったクルマを、光岡が改造して独自のデザインにした「オリジナルファッションカー」なのです。

 この写真を見て、ベース車が何か分かりますか?
 実は日産「マーチ」です。

 正直に言うと、私はこれまで「改造車」とは美しさからはほど遠く、自己満足に過ぎないのでは、とあまり良いイメージを持っていませんでした。でもビュートを知って、その認識を改めました。ビュートはベースにしているクルマがあるとは思いもつきません。作り手が丹誠を込めて、新しい魂を吹き込むと、改造とは違った見え方になるのでしょう。

コメント1

「若林葉子の「もてるクルマ、もてないクルマ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト