• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「テレビはつまらない」。
なのに、ネットでテレビを見る不思議

  • 須田 伸

バックナンバー

2006年9月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 わからない。わからない。それにしてもわからない。

 冒頭からいったい何の騒ぎだと思われるかもしれませんが、「広告のこれから」に関して日経ビジネスOnlineで連載を持たないかというありがたいオファーを頂戴し、あらためて日ごろから感じていることや、ブログに書いていることを、きちんと整理した文章にまとめ…ようと考えれば考えるほど、「未来のことは正直、わからんなぁ」ということになってしまいました。

 わからないと嘆息している人間に連載を持たせようという編集者も豪儀なものだと思いますが、それ以上に、「わからない」ばかりのこの文章をまだ読んでくださっている皆様にまず感謝です。もう少しばかりお付き合いいただき、「お前さんのわからないということの答えは、もしかしたらこういうことじゃないのか」とお知恵を拝借できれば、未来も見えてくるかもしれないなと、のっけから図々しく期待している次第です。

 「未来」といえば、アルビン・トフラーの近著『富の未来』に、こんな予言があります。

 “明日の先進的な経済では「非マス化」が進んでいく。多様化が進み、大衆ではなく、個人に焦点をあてるようになる。”

(笑)を付けてしまった理由

 トフラーの指摘する大きな変化の波は、既に私が生業としているインターネットと広告を飲み込みつつあります。ブログやSNSでは個人が主役であり、「ロングテール」「Web2.0」といった言葉は、流行語といっていいほど毎日見かけるようになりました。

 しかし右を見ても左を見ても「Web2.0」「Web2.0」の大合唱の中、「1つの言葉に頼り単純化してしまうことは、思考停止につながりはしないか」という疑問を持つようになりました。

 たしかに自分という個人を省みても、ブログで簡単に「情報発信」をしています。アマゾンなどのネット書店やオークションサイトで「死に筋」本や絶版本を手に入れています。ウィキペディアのようなみんなの知恵を結集するサイトも、ほぼ毎日活用しています。

旧来型の広告もまだまだ有効

 その一方、例えば、資生堂が今春発売開始したシャンプーの新ブランド「TSUBAKI」は、多数の人気モデルや女優をキャスティングした豪華なテレビコマーシャルを大量投下し、パッケージデザインや成分にも魅力的な特徴があったこともあり、新ブランドとして大成功をおさめています。旧来型といいますか、まったく「Web2.0」的ではない手法も、いまだ十分に有効なんですね。

 私は、大手広告会社でCMプランナーという経歴を持ち、インターネット総合企業で情報収集と情報発信を現在の仕事にしています。ここは大いに「Web2.0エバンジェリスト」として「CMは既に死んでいる」「あらゆる広告はすべからくインターネット広告になる」といった論を張るべきなのではないか? 

 しかし、いかに言葉が美しくても、現実に即していない議論は非常に危険です。

コメント12

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授