• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

代替燃料「バイオエタノール」は普及するか

資源供給国としてブラジルに注目が集まる

  • 武谷 匡城

バックナンバー

2006年8月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は「究極の低公害車」と期待されている、水素を用いた燃料電池車の現状について述べた。では、いわゆる代替燃料はどうなのだろうか。代替燃料として現在考えられるものには天然ガス、ジメチルエーテル(DME)、そしてバイオフューエルなどがある。このうち、最近脚光を浴びているのがバイオフューエル、特に植物よりエタノールを精製するバイオエタノールである。

 バイオエタノールは植物由来の燃料なので、原材料となる植物が生育する過程で二酸化炭素(CO2)を吸収する。燃焼により発生するCO2はこれと相殺するため、地球温暖化対策の切り札として期待されている。現在アメリカを賑わしているのは、ガソリンに対してエタノールを85%混合した「E85」という燃料だ。エタノール100%ののことは「E100」とも言う。

北米ではバイオエタノールは普及しない

 グラフはブラジルにおけるE85、もしくはE100に対応する車両の生産台数と、そのシェアの予測を示したものである。ブラジルではエタノール対応車両が急増してきており、今後も拡大するとCSMワールドワイドでは予測している。一方、北米ではエタノール対応車両は伸び悩むと筆者は考える。両地域における異なる傾向の背景には、バイオエタノールが現在抱えている課題が隠されている。それは主にコストと供給能力だ。

 異なる燃料の価格を比較する場合、同じ熱量当たりの価格に換算して比較するのが一般的である。その条件でガソリンとバイオエタノールを比較すると、バイオエタノールが最も普及しているブラジルでも、2003年末時点でE100の価格はガソリンと同等か、バイオエタノールの方が若干有利という程度である。

 米国での同時期におけるE85の価格はガソリンより1割以上も高く、一般消費者にとってはE85対応車両購入のメリットはない。このように、現在ブラジル以外ではバイオエタノールは製造コストが高く、ガソリンに対して価格競争力がないことが、一般消費者への普及に対する課題となっている。

コメント3

「武谷匡城の「数字で見る自動車業界の未来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長