• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【携帯電話編2】インドではラジオとゲーム機能が必須

ノキアの牙城にモトローラが切り込む

2006年10月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2006年のインドの携帯電話機の販売台数は、2005年に引き続き対前年比50%増と大きく伸びる。その結果、世界の国別販売台数では、米国、中国に次ぐ3位に入る。

 しかし、売れている機種を見ると、米国や中国ほど単価の高い機種ではない。液晶画面がモノクロのモデルが販売台数全体のうち40%と高く、逆にカメラ付モデルは20%しかない。

 機能の限られた安価な機種に人気が集まる一方で、インド特有のニーズもある。「娯楽の少ないインドではラジオか音楽が必須機能になる。またインドで最も盛んなスポーツであるクリケットのゲームの有無が携帯電話機の売れ行きを左右する」(ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン シニアアナリスト 平岡卓朗氏)。

「デジタル機器 世界市場ウオッチ」のバックナンバー

一覧

「【携帯電話編2】インドではラジオとゲーム機能が必須」の著者

菊池 珠夫

菊池 珠夫(きくち・たまお)

日経BP CTI主任研究員

日経BPクリーンテック研究所が実施してきたスマートシティ・プロジェクトやスマートハウス・ビル調査に従事。韓国、米国、中国など幅広い地域のスマートシティの調査実績がある。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授