• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【携帯電話編4】欧州で最大市場になったロシア

モスクワだけが突出してハイエンド・モデルの需要が高い

2006年10月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2005年にイギリスを抜いてロシアが欧州の中で最大の市場になった。さらに2006年に、ロシアの携帯電話機販売台数は対前年比11.6%増の3850万台に拡大する見通しだ。ロシアは、液晶画面がモノクロの機種が20%も残っている。

 一方でモトローラの高級機種「RAZR」の販売が好調だ。機種の幅が非常に広い。これはモスクワだけ突出してハイエンド・モデルが売れているためだ。モスクワ以外の地域ではモノクロ機のニーズが高い。モスクワだけが特別なのだ。人口に比べて販売台数が多いのもモスクワの特徴だ。

 ロシア市場のメーカー・シェアを見ると、フィンランドのノキアが約30%でトップ。2位は20%で韓国のサムスン電子が入る。3位は、モトローラ、台湾のBenQ-Siemens社、英ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズの3社が10%前後で団子状態だ。

コメント0

「デジタル機器 世界市場ウオッチ」のバックナンバー

一覧

「【携帯電話編4】欧州で最大市場になったロシア」の著者

菊池 珠夫

菊池 珠夫(きくち・たまお)

日経BP CTI主任研究員

日経BPクリーンテック研究所が実施してきたスマートシティ・プロジェクトやスマートハウス・ビル調査に従事。韓国、米国、中国など幅広い地域のスマートシティの調査実績がある。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授