• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

有老ホーム業界にM&A時代到来(前編)

生き残れるのは3、4社との見方も

  • 千田 敏之

バックナンバー

2006年10月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 有料老人ホームのM&A(合併・買収)が活発化している。今年7月には大手介護企業のコムスンが、「桜湯園」のブランドで知られる日本シルバーサービスを買収し注目を集めた。大手企業が業績の悪化した有老ホームを買収するだけでなく、複数の中堅事業者がファンド(基金)の力を借りて組むケースも登場し、その形態は多様化している。

生き残れるのは3、4社との見方も

 「有料老人ホーム市場で最終的に生き残れるのは、上位3、4社くらいではないだろうか」。最近、有老ホームを運営する企業の間で、こんな認識が広まりつつある。施設数の急増による入居者確保の競争激化や、自治体の開設規制の強化など、年々、経営環境が厳しくなる中、現在数多くある事業者は淘汰され、数社に絞られるのではないかという予測だ。

 2000年に介護保険制度がスタートして6年が経った今、その動きがいよいよ本格化し始めた。大手企業を軸に有老ホームのM&A(合併・買収)が活発化しているのだ。

大手の事業拡大の一手法に

 これまで有料老人ホームを巡るM&Aと言えば、入居率が伸び悩んで資金繰りが悪化した施設を、他の事業者が“救済”の意味で買収または事業継承するのが一般的だった。こういった破綻例は個人経営の有老ホームに多く、今でも度々見かけられる。

 ただ最近では、M&Aの目的が変わりつつある。その1つの流れが、大手企業が事業展開にかかる時間を省くためにM&Aを手がけるというもの。いち早く“陣地”を確保して、他社との勢力争いで優位に立とうという狙いがある。

 2005年3月に居酒屋業のワタミが旧・アールの介護(現・ワタミの介護)を買収したケースは、その代表例だ。そして今回、コムスンが今年7月に、「桜湯園」のブランドで35施設の有老ホームを展開している日本シルバーサービスの株式を3億7000万円で取得したのも、事業拡大のための“時間”を買う意図があった。

コメント2

「医療・バイオ「話題の核心」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師