• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マスコミがないと成立しない日本の「YouTube」

「俺の話を聞け社会」と「そうだよね社会」の違い

  • 須田 伸

バックナンバー

2006年10月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

In the future, everyone will be world-famous for 15 minutes. Andy Warhol
未来においては、誰もが15分間有名になることができる。(アンディ・ウォーホール)

YouTubeの本来の目的は「自分を放送しちゃおう!」

 YouTube(ユーチューブ)のサイトにあるキャッチフレーズは「Broadcast Yourself」です。「自分を放送しちゃおう!」という実に能天気と言えば能天気なキャッチフレーズですが、創業者の2人も今回の買収についてのコメントを自ら投稿。くったくのない陽気な笑顔を見て「なるほどこの明るさがサービスにも表れているな」と妙に納得してしまいました。

 自分を放送したことで有名になり、リターンを得たのはYouTube創業者の2人だけではありません。

 中国の大学生の2人組「Back Dorm Boys」はその典型かもしれません。自分たちの大学の寮(英語でDormと言います)の一室で、アメリカのポップグループ「Back Street Boys」の曲「I want it that way」に合わせて口パクで歌う、エアギターならぬ“エアボーカル”の映像をYouTubeで公開したところ、たちまち人気になり、携帯電話のモトローラや、清涼飲料ペプシの中国での広告キャンペーンに起用までされました。動画共有サイトが生んだ中国のシンデレラストーリーです。

 他にもヒューマンビートボックス Tシャツ重ね着世界記録に挑戦、などなど動画共有サイトで「自分を放送」して、有名になる人がどんどん出てきました。かつてのウォーホールの予言が現実になりつつあるという気がします。

 「Famous First, Paid Later」(まず有名になれば、リターンは後からついてくる)というメンタリティは、YouTubeの運営者と利用者の双方に通ずる真理なのかもしれません。

日本では「みんなのHDDレコーダー」化したYouTube

 ところが、これと全く状況が異なるのが日本です。

 以前の本稿でYouTubeを取り上げた時にも書きましたが、日本のネットユーザーが見ているYouTubeコンテンツの多くは、主にテレビ局が作成した番組コンテンツを勝手に投稿したもの。つまり日本人はYouTubeを「みんなでつくるハードディスクレコーダー」として活用しているのです。

 具体的に実際に話題になりアクセスを集めたのも、「亀田パパVSやくみつる」「24時間テレビマラソン」「極楽トンボ加藤謝罪」といったテレビ局制作の映像です。

 つまりアメリカにおいてYouTubeは、もちろんテレビや映画の映像もたくさん上がっていますが、同時に「俺様放送局」としても機能しています。ところが日本からのYouTube視聴は圧倒的に「テレビ局増幅器」になっている。少なくとも僕にはそう見えます。

 それだけではありません。YouTubeに対しては、ユーザー側だけでなく、制作者側にも日米では大きな意識の違いがあるようです。

 日本テレビの土屋敏男エグゼクティブ・ディレクターはYouTubeに対して「ナップスターの時と同様、アメリカの3大ネットワークなどがつぶしてくれると思っていましたが、彼らがYouTubeと次々に提携を始めたのでびっくりしました。どうやらYouTubeに非合法にアップロードされた動画がフックになって、テレビ番組の視聴率が上がったというデータもあり、うまく適応した方がいいぞという結論に達したようです。アメリカでは事実上、半分認められたような印象がある」と語っています。(2006東京国際デジタル会議フォーカスセッションより

「そこそこの知名度」がある人がブレークする

 YouTubeで個人が有名になりリターンを得ていく構図を見て、アメリカのテレビ局や映画制作者たちが、自分たちのコンテンツもこの流れに乗せればリターンが得られると思ったのに対し、日本の著作権利保持者がYouTubeを見た時には「俺たちが制作したコンテンツを勝手にアップロードして皆で見ているだけじゃないか」と考えた。いわば、田んぼの水路から勝手に水を引き込む「単なる水泥棒」にしか思えなかったのです。

 さらに言えば、こうした日米の差異はYouTubeに限りません。ネットで人気を集めるコンテンツ全般にこの傾向があります。

 最初に挙げたように、米国ではネット「だけ」で有名になった人がたくさん出てきました。一方、日本のネット上の有名人は、例えば真鍋かをりさんのように「ネットで発見された」のではなく、既にテレビや雑誌、映画である一定の知名度を持っている人が、ブログを書いたことで別の一面が見いだされ、ブーストされて人気が爆発するといった流れがあるように思います。

 皮肉に聞こえるかもしれませんが、ネットを見ていると日本社会における「マスメディアの力」を改めて実感するのです。なぜなのでしょうか?

コメント16

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長