• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ゲームの世界に似合う広告って?

  • 須田 伸

バックナンバー

2006年11月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さんはゲームをしますか?

 ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレイステーション3(PS3)が日本とアメリカで発売と同時に品切れ状態になり、任天堂Wiiもアメリカでは既に発売がスタートし日本でも12月2日に発売開始ということで、ゲームが今年のクリスマス商戦から来年前半にかけての大きな話題になっていきそうです。

 私自身はニンテンドーDSでたまに「脳トレ」や「マリオ」をプレイする程度の超ライトゲーマーなのですが、広告メディアとしても注目を集めつつあるゲームを今回は取り上げてみたいと思います。

ゲーム広告の市場規模

 ゲーム広告とは、ゲームの中の街のビルボードに広告が表示されるような「ゲーム内広告」と、商品自体がゲームの主役になる「アドバゲーム」の2つに大別されることが多いです。

 日本ではまだまだいずれのタイプのゲーム広告市場も小さいのですが、日本よりも進んでいるといわれるアメリカのゲーム広告市場は、2005年の実績で約200億円(eMarketer調べ)程度あるとされています。さらに今後は、市場規模、ユーザー数ともに年間で150%程度の成長が見込まれており、2009年には900億円規模の市場になると予測されています。

 とりわけ、今はアドバゲームより市場が小さいゲーム内広告が今後は大きく成長し、2009年の900億円のうちの約600億を占めると予測されています。

ゲーム内広告の訴求力

 ゲームの特徴として、ユーザーにかなりの集中力を要求するということがあります。今日の消費者は、テレビを見ながら、雑誌を読み、さらにケータイのメールをチェックしたりといったように、さまざまなことを同時にこなす「マルチタスク」が上手になっています。

 ところがゲームの場合、何か他のことをしながら同時に楽しむというのが難しい。

コメント0

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏