• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

有力研究大学に資金を支給、文科省の新施策がスタート

  • 丸山正明

バックナンバー

2006年11月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 財務省が平成19年度予算を編成する時期が2006年12月に迫り、各有力“研究大学”は、文部科学省の新施策「グローバルCOE(Center Of Excellence)プログラム」向けの提案内容の詰めを急いでいる。グローバルCOEプログラムは文科省の平成19年度の目玉施策であり、概算要求231億円に上る。内閣府の科学技術総合会議が「S」評価を下した、優先順位が高い施策である。

 研究大学とは、行政府(各省庁)が提供する競争的研究資金を多く獲得し、優れた教育・研究環境を整備し、教育と研究の両面で成果を上げている大学を意味する。有力研究大学にとって、グローバルCOE拠点に選ばれると、多額の教育・研究資金を確保できることになる。優れた教育・研究環境をつくると、その中から新たな研究資金を獲得する研究成果がさらにいくつも誕生するからだ。グローバルCOEに選ばれることは、今後も研究大学であり続けられるかどうかを大きく左右するのである。

 グローバルCOEプログラムは、平成19年度から23年度(2007年度から2011年度)までの5年間に約150拠点を厳選して選び出し、国際的な教育・研究拠点づくりを実践する。各研究大学の大学院の博士課程を持つ専攻(部局によって名称は異なる)・研究所などは、それぞれ独自のグローバルCOE提案を提出し、その内容を競う。提案内容は、国際的に見て特色あるオンリーワンの教育・研究活動を実践し、これを世界に発信する内容であるかどうかが重視されるようだ。

 グローバルCOEプログラムは、現行の「21世紀COEプログラム」の後継プログラムだ。21世紀COEプログラムは平成14年度から16年度(2002年度から2004年度)までの3年間に274拠点を選び出し、5年間にわたってCOE拠点づくりを支援しているところだ。支援の最終年度は平成20年度(2008年度)。初年度の平成14年度に選ばれた113拠点が最終年度を迎えた今年度に、ポスト「21世紀COEプログラム」としてグローバルCOEプログラム施策が立案された。

学際・複合・新領域分野は5年間続けて毎年度採択

 初年度は、平成14年度の21世紀COEプログラムと同様に、「生命科学」「化学・材料科学」「情報・電気・電子」「人文科学」「学際・複合・新領域」という5つの学術分野の中からグローバルCOE拠点を選ぶ。「学際・複合・新領域」分野では原則として15~20拠点を選ぶ。それ以外の4分野では原則としてそれぞれ10~15拠点を選ぶ見通し。この結果、平成19年度に5分野合計で約60拠点を選ぶもよう。

 平成20年度は「医学系」「数学・物理学・地球科学」「機械・土木・建築・その他工学」「社会科学」の4分野でそれぞれ10~15拠点を、「学際・複合・新領域」分野から15~20拠点を選ぶ予定。5分野で合計約60拠点を選ぶ計画である。残りの3年は毎年、「学際・複合・新領域」分野だけを実質的に約10拠点を選ぶ計画だ

コメント0

「Tech Focus」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト