• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どうなる2007年のウェブ動向

気になる新サービス、新技術が目白押し

  • 渡辺 弘美

バックナンバー

2006年12月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年も残り少なくなり、「ゆく年くる年」を語る時期になった。次世代ウェブ技術に焦点を当てているブログであるリード・ライト・ウェブ(Read/WriteWeb)などの記事を参考にしながら、2007年のウェブ動向を予想してみよう。

 まずは、エンタープライズ分野でのウェブ動向から。
 個々の社員によるワークスタイルが、ウェブ上での処理になっていくだろう。ウェブ・オフィス(ウェブによる文書作成や表計算)の利用は珍しいことではなくなるかもしれない。この分野に目をつけているグーグルとマイクロソフトとの競争は一段と激しくなり、ウェブ・オフィス系の優れた技術を有するゾホー(Zoho)、ジンブラ(Zimbra)、シンクフリー(ThinkFree)などのスタートアップ企業は買収される可能性が高まるだろう。

 また、複数の社員がウェブ上で共同作業するスタイルも定着しそうだ。ウェブ上でのプロジェクト管理などを行なうサービスを提供する37シグナルズ(37signals)も将来有望なWeb2.0系企業として目をつけられている。

 また、企業内では、調査会社ガートナーが提唱する「消費者向け技術の企業利用(Consumerization on IT)」が進むだろう。消費者向け技術を利用して、低いコストで高い生産性を実現するというわけだ。

 その代表例が、スカイ・クリック(SKY-Click)によるサービスだ。同社は、スカイプ(Skype)によるインターネット電話と、セールスフォース(Salesforce)によるCRM(顧客管理ソフトウエア)を組み合わせて、顧客からの問い合わせにコールセンターが迅速かつきめ細かく対応するプラットフォームを提供している。

 2006年にブームとなったブログも企業がPR用に活用するケースが増えるかもしれない。

 第二は、マルチメディア分野でのウェブ動向。
 「2006年はユーチューブ(YouTube)の年」とも言えるほどに、ウェブ上での動画サービスが人気を得た。以前この連載でも紹介したが、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用したTVサービスであるヴェニス・プロジェクト(Venice Project)が姿を現しそうだ。

 また、ハリウッド陣営も正式に認めたP2P技術であるビットトレント(BitTorrent)は、インターネットTVプラットフォームであるデモクラシー・プレイヤー(DemocracyPlayer)も採用したように、多くのアプリケーションに組み込まれるようになるかもしれない。

コメント0

「渡辺弘美の「IT時評」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員