• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

レシピを見ながら経営していませんか

ビジョンと哲学が構想力を高める

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 宮田研究室では、“合宿”と呼ぶ年に1度の研修旅行がある。研究室は、教員と学生を合わせて総勢30人の大世帯だ。昨年は全員が忙しくて日程が合わず、残念ながら1泊2日の短い旅行になった。この研修旅行で最近驚かされることがある。どうやら、幹事役を務める大学院修士1年生の企画力が次第に低下しているようなのだ。

 まず、宿の選び方がうまくない。宿泊日程などの条件さえ満たしてさえいれば何でもいいという選択が目立つ。近隣とはいえ、研修地から離れた場所や、都市部にある味も素っ気もないビジネスホテルを選んだりする。

 もちろん、旅の目的は研修だから、“泊まる”という目的だけを考えれば、それで間違いではない。だが、普段はなかなか全員で顔を揃えることがない研究室の仲間と親睦を深める目的も大きい。だから、単に泊まるだけでなく、もっと楽しく過ごせる仕掛けがあっていいはず。例えば、安くてうまい食事が出てくるところ、窓から雄大な山海の風景が眺められるところ、研修の合間にスポーツで汗がかけるところなど、何でもいい。

 この数年、幹事役の学生には、研修地の周辺を調査して参加者の満足度を高めようという意識が感じられない。悪気があるわけでも、面倒くさがりなわけでもなさそうなだけに、逆に心配になってしまう。この研修旅行がどのように展開するのか、参加者が何に満足するのかを予測することができない。つまり、極めて低いレベルの構想力すら欠けているのではないか、と。

“熟練”は必ずしも高い“構想力”にはつながらない

 構想力とは、未来の完成品(成果)を論理的に予測する力である。これは、設計でも研究でも経営でも、すべての仕事において共通している。

 例えば、設計担当者にとっての構想力は、設計した製品がどのように機能し、どのような性能を発揮し、ユーザーにどう評価されるかを予測する力である。製品のマイナーチェンジについて結果を予測するのは比較的易しい。ゼロから設計した商品でも、他社のヒット商品を追従したのならば予測は簡単だろう。最も予測しにくいのは、まだ世の中に存在しない新しいコンセプトの商品を設計する時である。

 商品開発には様々なレベルがあって、要求される構想力にも高低がある。大きな構想力は、新規性の高い商品の設計を重ねることによって養成される。マイナーチェンジのような設計を手がけているだけでは、何年繰り返しても、低い構想力しか育たない。下手をすると単に熟練するだけになってしまう。

コメント16

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック