• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

海洋国ニッポンを守るために

2007年、私の初夢

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年1月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第32回アメリカズカップ予選が4月16日に開幕する。開催地はスペインのバレンシアである。アメリカズカップ156年の歴史の中で、欧州で開催されるのは初めてだ。1870年の第1回大会からほとんどが米国で開催され、その他はオーストラリアで1回、ニュージーランドで2回開催されただけである。

 日本は1992年の第28回大会から2000年の第30回大会まで3回連続出場したが、2003年と今年の2回は不参加が続いている。今回の参加国のうち初登場は中国だ。実質的にはフランス人が運営しているようだが、中国が参加して日本が参加できないというのはさみしい。

アメリカズカップ再挑戦、決断するなら今年

 2000年の大会が終わった時、日本チームの技術力は少なくとも世界のトップ4に入っていたし、その大会だけに関して言えば最高峰に達していたと思う。だが、2003年の大会へ向けて準備を始めた2カ月後に残念ながら突然中止してしまった。資金を集める目途がつかなかったのである。そうして株式会社ニッポンチャレンジは清算された。新しい道を模索してみたが、当時は経済情勢が向かい風だったこともあり難しかった。

 この2~3年、様々な方から「もう1度やる時は、声をかけて下さい」と言われることが多くなった。私が、いまだにニッポンチャレンジの活動を続けていると誤解されていることも多い。経済が少し好転してきたのだ。

 今から4年後、恐らく2011年に行われる第33回大会へエントリーするなら、今年6月のアメリカズカップ本戦が終了する前に決断しなければならないだろう。資金は集まるかもしれない。問題は人と技術だ。これらは急に育てることが難しい。今から思うと、2000年の中断は痛かった。まさに「継続は力なり」で、人と技術の育成を続けることが本当の力につながるのである。

 技術チームにだけ限れば、主要メンバーの半分はすぐに再結集できる。しかし、あと半分は、もっと若くて能力の高い人材を加えなければならない。今はこれが最大のボトルネックになるだろう。国内の海洋産業が疲弊していることが、参加に二の足を踏む悪条件の1つになっている。

コメント12

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員