• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ロボットスーツで大学発ベンチャー企業を成長させます」

  • 丸山正明

バックナンバー

2007年1月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダイン(CYBERDYNE、茨城県つくば市)が社員を募集中だ。同社は、2007年2月頃から研究開発センターと生産設備を兼ねた“工場”の建設を始める。夏頃には工場を稼働させ、2007年10月から製品を出荷する予定だ。この事業計画を実現するために、30~40人もの多くの人材を募集しているのである。ベンチャー企業としてはかなり思い切った増員計画だと言える。

図版
ロボットスーツHAL(画像データは筑波大の山海教授が提供、Prof. Sankai, Univ. of Tsukuba / CYBERDYNE Inc)

 サイバーダインが事業化する製品は、人間の身体能力を大幅に高める「ロボットスーツHAL(Hybrid Assistive Limb)」。HALを装着すると、40キログラムの荷物を2~3キログラム程度と軽く感じる能力を獲得し、ある種のスーパーマンに変身する。最近、NHK(日本放送協会)などのテレビ番組で何回も取り上げられ、脚光を浴びているハイテク製品である。

 サイバーダインは2006年11月に、ロボットスーツHALを年間に400~500体程度製造できる生産態勢を築き、事業化に乗り出す計画を公表した。用途に応じた改良も本格化する。代表取締役社長は筑波大大学院の山海嘉之教授(写真1)。ものづくり系の大学発ベンチャー企業として本格的に事業家に踏み込む苦労談を聞いた。
―― ロボットスーツHALの本格的な生産に乗り出すとの報道が相次いでいますが。

図版
サイバーダインの代表取締役社長を務める、筑波大学大学院システム情報工学研究科の山海嘉之教授

山海 2007年2月に工場を建てる土地を手当てし、研究開発センターと生産設備を兼ねる工場建家をつくり始める予定です。場所はつくば市内の予定です。土地の広さは5000平方メートル程度と考えています。現在、工場候補地を2~3カ所に絞りました。
 工場をつくば市に建てる理由は、HALの科学面を支援する筑波大大学院の山海研究室(システム情報工学研究科)と、サイバーダインの本社オフィスが近くにある、つくば駅(つくばエクスプレスの終点駅)からの距離を考慮した結果です。

 この工場は研究開発と製造を一体化させた生産施設です。この点では、設計仕様が成熟した製品を繰り返し製造する従来の工場とは異なります。研究開発品を研究室規模の製造から、工場規模の製造に移行し、量産を追究する事業化ステージに入るということです。

―― 研究開発と製造を一体化させた生産施設とは。

山海 ロボットスーツHALは初期のプロトタイプから数えて、上肢・下肢組み合わせ型で5号機の「HAL-5」まで開発済みです。これまでにHALを累計で約20体つくりました。製造業の大手企業の方から見れば、工房として手工業的なつくり方をしていると思います。

 装着すると重たいものが簡単に運べるなど、人間の身体能力を大幅に高められます。主な用途は、医療・福祉・介護分野、重作業の支援分野、災害レスキュー分野などを想定しています。

コメント1件コメント/レビュー

事業として、とても素晴らしいだけに、製品の安易なネーミングが残念です。海外メディアでも盛んに取り上げられていますし、もう少し日本らしいオリジナリティのある名前なら良かったのにと思います。(2007/01/23)

「シリーズ「産学連携」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

事業として、とても素晴らしいだけに、製品の安易なネーミングが残念です。海外メディアでも盛んに取り上げられていますし、もう少し日本らしいオリジナリティのある名前なら良かったのにと思います。(2007/01/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表