• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第10回】「あるある大事典」捏造で浮き上がるテレビと政府の“特別な関係”

2007年1月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 フジテレビジョン系の情報番組「発掘!あるある大事典2」で、「納豆がダイエットに効く」と紹介されたことにより、納豆が売れに売れ、多くのスーパーやデパートで品薄に陥った。ところがその後、番組で使用された実験データなどが捏造(ねつぞう)されていたことが発覚し、大騒動に発展している。

 番組を作ったフジテレビ系列の関西テレビ放送はスポンサーに逃げられ、視聴者から苦情が殺到し、社員の処分を余儀なくされるなど、対応に大わらわだ。加えて関西テレビの関係者がテレビ業界を監督する総務省に呼び付けられるなどして、調査を受けている。いずれ総務省からお叱りを受けることになりそうである。

 新聞や雑誌でも捏造記事が発覚すれば、広告主に逃げられ、読者の信用を失い、部数を減らすなど打撃を受ける。ただテレビと違って、当局の調査を受けてお叱りを受けることはない。

 なぜ、テレビ局だと当局から呼び出され、処分されるのだろうか。それはテレビに、新聞や雑誌にはない様々な規制が課せられているからである。テレビ局は、社会に役立つ放送サービスを広く提供することと、放送法などで定められている。

 そして、社会に役立つ放送サービスを提供する見返りとして、政府から手厚く保護されることになっている。(テレビ局と政府の特殊な関係については、この連載を大幅に加筆した拙著『テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか』で詳しく紹介しています)。

テレビ局は絶対につぶさない

 テレビ局が具体的にどのような社会的役割を負っているのかというと、例えば放送法には事実を曲げて報道してはならないという規定がある。「あるある大事典」で捏造された「納豆ダイエット」はこの規定に抵触する恐れがある。

 このほか公序良俗を害しないことや、暴風・豪雨・洪水・地震・大規模な火事などが発生すれば、災害放送を提供することが求められている。また総務省から放送免許を付与される際には、放送時間の10%以上を教育番組に、20%以上を教養番組に充てることが条件として課せられる。

 しかも、番組をできるだけたくさんの世帯で見られるように、可能な限り多くの電波塔を各地に建設することが放送法で決められている。このようにテレビ局は、社会に役立つ放送サービスを広く提供する役割を担っている。

 そうした社会的役割を負う見返りとして、テレビ局は総務省から保護してもらっているわけだ。総務省の高官は、「テレビ局は特別なんです」と言って憚らない。「競争によってテレビ局が淘汰されるなんてことがあってはならないと考えています。昨日までやっていたテレビ放送が、今日から別の会社のテレビ放送に代わったらやっぱり困るでしょう。テレビは社会にとって大切な報道や災害放送などを担っているメディアなんです。日本が武力攻撃を受けた時には、住民避難などの面でテレビ局の協力を得ることにもなっています」(総務省高官)。

コメント19件コメント/レビュー

免許事業である以上、公共性に反する不正あればその免許を取り上げるのは当然。昨日まであった放送局が今日なくなっても我々は困らない。くだらないバラエティー番組やドラマが見られなくなるだけで、必要な情報はテレビ以上に新鮮で大量のものがネットから容易に入手できる。「あるある」のような捏造も勿論看過できないが、それ以上に朝日、TBS等の国益に反する偏向歪曲報道は問題で、免許剥奪に充分値すると思う。反政府的な姿勢のテレビ局を政府が保護しているのは滑稽だが、なにかもっと裏があるのではとかんぐりたくもなる。タイトルからその辺をもっと掘り下げたものを期待したのだが、日経では無理か?(2007/01/31)

「ネット狂騒時代、テレビ局の憂鬱」のバックナンバー

一覧

「【第10回】「あるある大事典」捏造で浮き上がるテレビと政府の“特別な関係”」の著者

吉野 次郎

吉野 次郎(よしの・じろう)

日本経済新聞社記者

1996年、日経BPに入社。2007年から日経ビジネス編集部で電機業界や自動車業界、企業の不祥事を担当。2015年4月から日本経済新聞社電子編集部に出向中。産業、経済事件を中心に取材・執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

免許事業である以上、公共性に反する不正あればその免許を取り上げるのは当然。昨日まであった放送局が今日なくなっても我々は困らない。くだらないバラエティー番組やドラマが見られなくなるだけで、必要な情報はテレビ以上に新鮮で大量のものがネットから容易に入手できる。「あるある」のような捏造も勿論看過できないが、それ以上に朝日、TBS等の国益に反する偏向歪曲報道は問題で、免許剥奪に充分値すると思う。反政府的な姿勢のテレビ局を政府が保護しているのは滑稽だが、なにかもっと裏があるのではとかんぐりたくもなる。タイトルからその辺をもっと掘り下げたものを期待したのだが、日経では無理か?(2007/01/31)

今回の捏造騒ぎに振り回される日本人の国民性を見て改めて思った。もし、この国にどこかの国のような国営放送を作って、そこで政府や行政監修の「タウンミーティング」のような「すました顔したやらせコンテンツ」が手を代え品を代え大量に流されてしまったらどうなるのだろうか。「政治家の意図の忖度が強く疑われるNHKの国民への強制」は、ゼロから考え直すべきだと無党派の自分は思うのである。(2007/01/31)

関西テレビの捏造問題は、言語道断のことです。マスコミの風上にもおけないなどと、ありきたりの表現では表せません。問題の根本は「不二家」問題と同様、日本人のなあなあ主義ですね。プロ意識の欠片もない。番組の性質上、とことん効果、成果を確かめたうえで、それでも、さらに疑ってかかるという気概が必要です。世の中、そんなに甘い話はないとう常々思ってますが、全く信じられないほどの暴挙です。一般聴視者をなめているとしか思えません。(2007/01/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長