• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“プロフェッショナル”とは何か

本物を育て上げる現場の体験

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年2月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「バカヤロー! みっともないぞ」

 ラバーボートの上から山崎達光会長(日本セーリング連盟会長、エスビー食品・元会長)が叫んだ。

 1994年秋、世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」の前哨戦であるワールドカップでの出来事だ。日本チームは、米国サンディエゴ沖でオーストラリア艇とのレースに出場していた。伴走するラバーボートの上にいたのは、山崎会長と、製造・総務担当の菊池誠マネジャー、そして私である。

 「バカヤロー!」の声が飛んだのは、私たちの目前でニッポンチームのレース艇「J30」のハリヤードが切れた時のこと。ハリヤードは、セール(ヨットの帆)を吊るロープで、これが切れたことでセールが見る見るうちに落ちていったのだ。

いったいこの海の上で何しているのだろう

 ハリヤードが切れた“事件”は、操船ミスで船を設計した私に責任はない。だが、快走するオーストラリア艇との船速の差は明らかだった。つまり、バカヤローの声は、私たちが設計したJ30の遅さに対する苦言でもあったのである。

 初めて引き受けたヨットの仕事は、当初から屈辱を味わう場面ばかりだった。サンディエゴ沖のレース海面は太平洋上なので、かなり波が大きい。この日は、波長50メートルくらいのうねりが2メートルくらいの高さで押し寄せてきた。水の進入を防ぐ機構のないラバーボートに乗った私たちの頭上には、ほぼ7秒ごとに滝のような水が降りかかってきた。

 顔はゴツイが少しだけ優しいところがある菊池マネジャーが私に言う。

 「先生、大丈夫ですか?」

 太平洋の海上だから「大丈夫じゃないよ」とぼやいてもどうしようもない。しばらくして、ふと心の中に疑念がわいてきた。

 「私はいったいこの海の上で何しているのだろう?」

 東京大学の教師でしっかりした成果も出しているのに、なぜこんな所で、こんな惨めな思いをしているのだろう…。

 サンディエゴで大波をかぶることになる1年ほど前。ある公益法人から電話がかかってきた。委員会の委員に就任してほしいという依頼だった。これは、よくあることである。

 ところが、この時は少し違っていた。通常の委員会形式なのだが、実は私をアメリカズカップの技術開発リーダーにするための“陰謀”だった。日本チーム「ニッポンチャレンジ」でレース艇の技術開発が決定的に遅れていて、急遽3億円の予算を用意して、私に押しつけようとしていたのだ。

 今となっては、アメリカズカップの経験をさせてもらったことに感謝しているが、当時はどうしてこんな時に私にお鉢が回ってくるのか、と思った。レースまではほとんど時間がない。急ごしらえの技術開発で成果を出すのは難しい。私は船の設計についてはプロ中のプロだと自負していたが、ヨットを設計するのは初めてだった。

コメント13

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官