• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「私をスーパーボウルに連れてって」~
ちゃっかりマーケティングの鉄則

  • 須田 伸

バックナンバー

2007年2月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ニュースで話題になっていることを広告プロモーションにうまく取り込んで生かすというのは、企画会議などで「今朝のテレビでやってたあの話に乗れないか」といったように、よくアイデアとして出る手法です。

 しかし、実際に広告プロモーションに仕立て上げるのには時間がかかる。なので「プロモーションする頃にはニュースとしての賞味期限が切れてるんじゃないか」と、見送りになることが一般的です。

 世の中で既に話題になっていることに乗るのに必要なスピードと、広告を制作するスピードには、大きなギャップが存在するのです。

 たとえば通常のテレビCMの制作だと、企画を作って、クライアントにプレゼンテーションして、演出プランを作って、またプレゼンテーションして、撮影して、編集して、音楽とナレーションをつけて、完成した作品をテレビ局に届ける、という一連の作業が発生します。

 この一連の作業をきちんとやっている間に「一番旬なニュース」は、いつのまにか「あ、そんな出来事もあったね」になってしまう。パーティがお開きになった後で、全身ギラギラに着飾ってやってきた「カン違い野郎」として笑われてしまうのが関の山じゃないの、ということで見送られてきたわけです。

 ところが、インターネットが一般化した今日、うまくいけば、あっという間に企画を実行してしまうことも可能になってきており、「ホットニュースが冷めないうちに」プロモーションに取り込む事例も出始めています。

 さて、日本時間で本日(2月5日)の午前に、マイアミで米国最大のスポーツイベント、「スーパーボウル」が開催されます。

「デートしてあげるから、スーパーボウルに連れてって」

 ここで登場するのが、カリフォルニア州ブレントウッド在住の女性、サラ・スペインさん。イリノイ州シカゴの郊外レイクフォレストの出身で、今年のスーパーボウル出場チームであるシカゴ・ベアーズの大ファンです。

 彼女は、多くの同年代のアメリカ人がそうしているように、全米最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「MySpace」に登録していて、彼女のMySpace上のページでは、自分が若くて魅力的で大のベアーズファンであることを数多くの写真とコメントでアピールしています。

 プレーオフでベアーズが、ニューオリンズ・セインツを破ってマイアミで開催されるスーパーボウルへの出場を決めた直後に、サラさんはインターネットでホテルと飛行機を予約して、試合を見に行くと決意しました。しかし肝心の入場チケットはありません。

 そこでネットを使った大胆な手に打って出ました。

 アメリカ最大のオークションサイトeBayで「スーパーボウルのチケットを2枚持っている人が、マイアミの試合会場で私とデートできる権利」をオークションにかけたのです。

 彼女の「出品」はたちまちネット上で話題になり、入札額がどんどん高騰していきました。しかし、その金額が9億9900万ドル(約1200億円)といった馬鹿げた額になったところで、eBayによって「自分自身をオークションするような行為は認めていない」という理由で出品自体が削除されてしまったのです。

 熱狂的ベアーズファン女性の野望もここまでか、と思われたわけですが、このニュースに目をつけたのが、ユニリーバの男性用ボディスプレー「Axe」です。

コメント2

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士