• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

電子機器の深部に振るう技、300年の伝統継承者
~福田金属箔粉工業・梶田 治

(第1回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞受賞者)

2007年3月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 創業1700(元禄13)年という伝統ある企業が、現代の、それも最先端工業分野で存在感を表している。

 梶田治さんが常務を務める京都の福田金属箔粉工業は、江戸時代から金箔銀箔、金粉銀粉といった金属加工を生業としてきた。

機械部品、電子部品、食品や薬の包装など。金属箔粉は様々な製品の素材として活躍している (写真:木下トヲル、以下同)

機械部品、電子部品、食品や薬の包装など。金属箔粉は様々な製品の素材として活躍している (写真:木下トヲル、以下同)

 用途は金屏風や仏壇・仏具、あるいは美術工芸品だったが、明治期に入ってからは真鍮粉の製造など、より幅広いマーケットへの対応を始める。戦後には車の軸受けに使用される金属材料、プリント基板用の銅箔等々を通じて、勃興期の自動車産業やエレクトロニクス分野にも参入した。さらに身近なところではカップめんのフタや、錠剤のパッケージのアルミ箔など。巧みに時代の波をとらえてきたといえる。

 とはいえ、開発畑の梶田さんがその状況に100%満足していたわけではない。自分たちが提供しているのはあくまで原材料。製品化するのは顧客企業である。確かに安定した商売ではあるし、その慎重な姿勢が、企業として長く続いてきた理由でもあるのだろう。しかし、「伝統を守る」ということは「冒険をしない」ということなのだろうか? 梶田さんはそう自問していた。

会社未公認のプロジェクトチームで、開発がスタート

 1980年代後半になって、梶田さんに啓示を与える情報が海の向こうからもたらされた。当時、世界のコンピューター産業の頂点にあった米国で、電磁波障害による電子機器の誤作動や、人体への悪影響が問題になっているというのだ。

プロジェクトメンバー。左から井上精二さん(製造)、梶田治さん、山本次郎さん(評価)、吉武正義さん(研究)

プロジェクトメンバー。左から井上精二さん(製造)、梶田治さん、山本次郎さん(評価)、吉武正義さん(研究)

 電磁波障害を防ぐには、導電性に優れた金属で電子機器の内側を覆ってしまえばいい。やり方は様々あるが、性能とコストが折り合うのは、導電性の金属粉を塗料に混ぜて筐体の内側に吹き付けるという手法だった。素材としては銀がベストなのだが、いかんせん高価である。そこで使われていたのが安価なニッケル。しかし、ニッケルは肝心の電磁波シールド性能が低い。もっと性能が良く、コストも妥当な金属素材はないか。それが米国コンピューター業界の潜在的なニーズだった。

 この情報に触発された梶田さんは、会社に新製品開発プロジェクトチームの発足を提案した。だが、老舗企業にとってそれはいささか冒険的すぎる試みだったようで、ゴーサインは出なかった。そこで梶田さんは、研究、製造、評価の各部門から志願者を募り、会社未公認のプロジェクトチームを立ち上げたのである。

「銅」が持つ致命的な欠点「錆」

 新しい素材は、すぐに決まった。銅である。銀には劣るものの、ニッケルとは比べ物にならないくらい導電性が良い。では、なぜこれまで使われてこなかったのか。それは銅が酸化しやすく、錆びるとたちまち導電性が落ちてしまうという、致命的な欠点を持っていたからだ。逆にその一点さえ解決すれば、性能面でもコスト面でも満足のいくものができると梶田さんは考えた。

電磁波シールド塗料用の銅粉。こんなに複雑な形状をしている

電磁波シールド塗料用の銅粉。こんなに複雑な形状をしている

 一口に金属粉といっても、用途や製法によってその形状・大きさは多種多様。導電性を上げるには、金属粉同士のからみが良い形状が望ましい。製造方法には、電気分解法が選ばれた。電解銅粉は戦前、同社が日本で初めて量産化に成功した技術。形状操作の技術も手のうちにある。1カ月ほどで細かな突起を持った樹枝状の銅粉をつくり上げた。

 だが、電解銅粉は硫酸銅溶液槽の中で銅を析出するため、表面にどうしても水分が残ってしまう。これが錆を呼ぶ。この水を化学反応で別の物質にしてしまうような表面処理を、銅粉の一片一片にくまなく施す必要があった。

 明治期から、同社には真鍮粉を油脂でコーティングするという表面処理技術があった。しかし、酸化を防ぎ美観を保つための表面処理を施すと、導電性は逆に阻害されてしまう。さらにアクリル樹脂と混ぜて塗料にするためには、濡れ性(樹脂とのなじみ具合)も良くしなければいけない。

 銅の優れた導電性を損なうことなく、表面の水分を除去し、なおかつ濡れ性を確保できる添加物を探す必要があった。

コメント0

「技術者と“女神”はかく出逢う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO